つむじのハゲが広がった女性がすぐにやるべきことは何?薄毛の治し方!

つむじの周辺の薄毛が広がってハゲになっている女性を見かけます。

それ以上にならないように、

またそうならないように、

早い段階で手をうつ必要があります。

ここでは、女性のハゲの予防と治し方についてご説明します。

 

健康な人の髪の抜け毛の量は・・

髪を洗った後に抜け毛を見ると、ぎょっとしますよね。

大丈夫かな、私・・・と心配になることもあります。私、髪が長めだから・・・とか言い訳したくなりますが・・。

 

 

健康な女性の場合、一日に抜ける髪の毛の量は100本ほどとのこと。

一日に100本も自然に抜けているというのは驚きですよね。

 

また、秋になると抜け毛が増えて、一日に約200本ほどになります。

なぜ秋に抜け毛が増えるかというと、夏に受けたダメージが現れてくるからです。

強い日差しや紫外線などの影響が秋ごろに現れてくるので、秋には抜け毛が増えるそうです。

 

一日抜ける髪の毛のうちの約半分はシャンプーのときに抜けているため、シャンプーのときに抜け毛が目立つのは自然なことなので、びっくりしてしまうような抜け毛で無い限り心配する必要はありません。

でも、普通以上の抜け毛は避けたいですよね・・・。

抜け毛を招く悪い習慣があるので、その習慣は何かを知って、ハゲまっしぐら、ということのないようにしましょう。

つむじが薄い人・ハゲてる女の生活習慣ワースト10

1.シャワーの温度が高すぎる

気温が低くなってくると、シャワーの温度を上げ勝ちですが、熱すぎるシャワーは頭皮の皮脂まで流してしまうので、頭皮が乾燥する原因になります。

シャワーの温度は38度よりも低い温度で設定するようにしましょう。

K子

気温が寒くなると、温まろうとしてシャワーの温度を上げがちだった私。でも、乾燥しがちでカユミも出るので夏場と同じ温度に下げたところ、それほどカユミはなくなりました。

2.紫外線対策をしていない

日焼けをしないために、外出時には日焼け止めクリームを使っている人も多いと思いますが、頭皮や髪の毛の紫外線ケアは忘れがちです。

紫外線は髪の毛が生えてくるために必要な細胞にダメージを与え、新しい髪の毛を作る機能が衰えてしまったり、抜け毛の原因になります。

外出時は防止をかぶったり、頭皮や髪の毛にも使えるスプレータイプの日焼け止めを使って、紫外線の影響を少なくしましょう。

紫外線対策について詳しく知りたい方はこちらにも>>髪の紫外線対策を怠ると一生後悔することに!(工事中)

3.ドライヤーの温風を当てすぎている・コテを使い過ぎている

シャンプーの後はドライヤーで髪の毛を乾かしますが、ドライヤーと頭皮の距離はどれくらいにしていますか。

早く乾かしたいからと、頭皮の近くで温風を当ててしまうと、頭皮が乾燥してしまったり、ドライヤーの熱が髪の毛にダメージを与えてしまいます。

ですので、ドライヤーを使う時には、頭皮や髪の毛から30センチ以上離すようにしましょう

温風で乾かすというよりも、風で髪の毛を乾かすイメージを持つことが大切だと、美容師さんに教えてもらいました。

また、

熱は、髪の毛に大きな影響を与えます。コテやアイロンは高温になるので、毎日のように使っていると髪の毛にダメージが蓄積されてしまいます。

高すぎる温度は髪の毛のたんぱく質を壊し、水分のバランスも壊してしまいます。

髪の毛にこのようなダメージを与え続けることで抜け毛の原因になってしまいます。

コテやアイロンを使う場合には温度を上げすぎないように注意したり、一日おきに使うようにするなど、ダメージを少しでも減らしましょう。

4.間違ったブラッシングをしている

ブラッシングは頭皮に適度な刺激を与え、血行を促進させることができます。

けれども、間違ったブラッシングは髪の毛を痛めたり、抜け毛の原因になってしまうので注意が必要です。

頭皮や髪の毛のためのブラッシングは、毛先から頭皮に向かって順番にあがっていくようにします。

毛先の絡まりをやさしく解きほぐして、それから髪の毛の真ん中辺り、最後の仕上げに頭皮から毛先までブラシを通すようにしましょう。

5.濡れたまま寝てしまう

仕事から疲れて帰宅して、子供を寝かしつけて、お風呂から出たらすぐに眠気が・・・気がついたら朝になっていた・・・なんてこと、私はよくありました。

シャンプー後に髪を乾かさなかったため、髪はゴワゴワ。あわててドライヤーをかけた、なんてことも。

そういう時は、ちょっとニオイも出ていました。

このように、髪が濡れたまま寝てしまうのは、もってのほか!かなり悪い影響を与えるのです。

理由は、

①髪の毛の水軟化によりキューティクルが剥がれやすくなる。

②菌が増えて臭いを発する。

③これが続くと頭皮環境の悪化になり、健康な髪が育たなくなる。

 

髪を洗った後は、面倒でもドライヤーで乾かしてから寝ましょう。

6.パーマやカラーを頻繁にしている

パーマやカラーに使われている薬剤は髪の毛を痛めるだけでなく、頭皮にも影響を与えます。

頭皮への影響によって抜け毛の原因になったり、髪の毛のパサつきを招いてしまうので、頻繁にカラーやパーマをするのはオススメできません。

 

今はパーマやカラーをする人がほとんどですが、抜け毛が気になる時には控えたり、頭皮が荒れていたり敏感になっているときに無理に行わないようにしましょう。

7.運動をほとんどしていない

運動不足も髪に影響があるなんて、私も考えてもみませんでした。でも、これも悪い習慣なのです。

デスクワークが中心の仕事をしていたりするとどうしても運動不足になってしまいます。

運動不足が続くと全身の血行が悪くなり、頭皮に必要な血流も少なくなります。

頭皮の血流が不足すると、髪の毛を育てるための栄養や酸素が足りなくなり、抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。

 

意識して体を動かしたり、ウォーキングなどを日課にして運動をし、血流を促してあげることも、抜け毛を防ぐために重要です。

8.ストレスの溜めすぎ

 

しっかりとストレスの発散はできていますか。

ストレスは、自然と体を緊張させ、筋肉を硬くします。

全身が緊張状態になることで血流も悪くなり、当然頭皮の血流も悪くしてしまいます。

 

自分なりのストレス発散方法を見つけ、適度に息抜きをするようにしましょう。

9.食生活が乱れている

外食が増えたり、ジャンクフードばかりを食べる生活をしていると、脂質の取りすぎになってしまいます。

食生活が乱れ、栄養バランスが崩れると頭皮の皮脂が過剰に分泌されてしまい、毛穴のつまりの原因になります。

また、皮脂が過剰になることで、頭皮の環境が悪くなり、抜け毛を引き起こしてしまいます。

10.睡眠不足が続いている

 

育児や家事、仕事などで睡眠不足が続くと、疲れが取れず体の代謝が悪くなります。

常に体が疲れている状態だと、体は疲労回復にエネルギーを優先して使い、髪の毛を作る働きを後回しにしてしまうため、新しい髪の毛が作られなくなります。

しっかりと睡眠をとって体を健康な状態に維持することは、新しい髪の毛を作るために重要です。

 

いかがでしたか?

これらはすべて髪に悪い習慣です。

これらのうち、どれか一つだけの悪習慣があったとしても、やはり髪に悪い影響を与えてしまいます。

健康な髪を作るためには、やはり健康的な習慣をもたないと難しいのです。

私はこれらの習慣を守るとともに、頭皮環境を確実に良くするための手助けとして、育毛剤も利用しましたヨ。

40代後半になっていて、年齢によるホルモンバランスの変化により、髪が細く育ちにくくなっていることもあり、頭皮環境をよくするにも手助けが必要だと思ったからです。

私が使用したのはこちらです>>【ベルタ育毛剤】



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です