抜け毛を防ぐヘアブラシでおすすめはこれ!安くていい一生ものの名品ランキング!

女性なら、バッグの中に愛用のヘアブラシが一つ入っているもの。

そのくらい髪をとかすことは身だしなみに欠かせないことです。

外出用にはコンパクトなヘアブラシを持ち歩くとしても、自宅では、気持ちよくとかせるお気に入りのブラシを使いたいですよね。

ヘアブラシは、頭皮と髪を健やかに保つためのアイテム。

豚毛や天然素材、ナイロン製、猪毛、木製などの色々な種類の商品が販売されており、最近は髪質が良くなることで評判のタングルティーザーなどが注目を浴びています。

育毛や抜け毛に合うヘアブラシを探したくても、とても種類が多いので、どれを選ぶべきかが判断しづらいですよね?そこで、今回は、特に抜け毛で困っている人や育毛したい人に合っているブラシについてご紹介しましょう。

 

抜け毛に悩んだり、育毛したい人が使うべきヘアブラシの特徴

せっかく頭皮ケアのために良いシャンプーや育毛剤などを使用しているのに、ヘアブラシが昔のままのブラシを使用していて合っていないのは、もったいないです。

抜け毛を抑えたい人や、育毛したい人が使うべきヘアブラシは、

クッションパドルブラシです!

これは男性にもおすすめなんですヨ!

クッションブラシは根元がゴムなどでクッションのようになっていて、髪や頭皮の負担を和らげる効果があります。

髪や頭皮に悩みがあったり、長くボリューミーな髪の毛の方は、是非これを使いましょう。

頭皮をマッサージする効果もあるため、髪質が良くなる効果も期待できます。

とにかくとかしていて、気持ちいいブラシなのです。

クッションブラシよりさらに頭皮マッサージや柔らかさを求めている場合は、カヌーのパドルのような形をしたクッションパドルブラシがおすすめです。

ブラシ部分の面が広く、クッション部分に空気穴があることから高いクッション性が期待できます。育毛や抜け毛対策におすすめです。

 

では、クッションパドルブラシならば、豚毛、猪毛、ナイロンのどれでもいいのかというと、そういうわけではありません。

1 髪質が柔らかい人は、何といっても豚毛ブラシがおすすめ!

豚毛ブラシはヘアブラシの中では特に柔らかく、髪の毛への負担を抑えられる効果があるため、髪の毛の負担を極力減らしたい人におすすめです。

天然素材で適度な油分が含まれているため、髪の毛に艶を出すこともできます。

さらにヘアブラシに柔らかさを求めている方は、白豚毛と黒豚毛が混合した軟豚毛を使用しましょう。

2 ゴワゴワしがちの剛毛には、ナイロン製のヘアブラシがおすすめ!

ナイロン製のヘアブラシは吸水性があり、髪を乾かしながら使用することができます。

ブローしながら髪を梳かせるので、ボリュームが出がちの剛毛の方に特におすすめです。

ただし髪の毛をしっかりと掴むため、髪の毛が切れやすい人にもおすすめすることができます。

3 髪質が固ければ猪毛および木製ブラシがオススメ

猪毛および木製ブラシは、髪質が固めの人に特におすすめです。

猪毛は動物系のブラシの中でも特に弾力があり、1本ごとにしっかりしているのが特徴的です。

根元までヘアブラシの毛が行き届き、毛に油分や水分が適度に配合されているので静電気を抑えることができます。

楓や竹などの木製は、毛の隙間が広いので髪の毛が絡まりづらく、ロングヘアや髪の量が多い人にも安心して使うことができます。

木製ブラシにも油分が適度に含まれているため、静電気が出ることがなく髪に艶を出すことができます。材質は硬いので頭皮マッサージの効果もあります。

私は、薄毛ではあるのですが、髪質が固くロングヘアなため、頭皮にはっきりと届く猪毛のクッションブラシを使用しています。マッサージ効果も期待できますし。

薄毛の人に向いているのは、

クッション(パドル)ブラシで

髪質によって

豚毛か猪毛か竹(木)か

ということだとわかりましたね?

抜け毛を防ぐヘアブラシ!安くていい一生ものの名品ランキング!

ラ・カスタヘッドスパブラシ

ラ・カスタのヘアブラシは、健康的な頭皮と艶のある髪に仕上げるヘアブラシです。

ヘッドセラピストがプロデュースして開発されており、ナイロンや豚毛などの色々な素材が使われています。

【公式】 La CASTA ラ・カスタ ヘッドスパブラシ | ラカスタ LaCASTA ラ カスタ ブラシ ヘアブラシ ヘアーブラシ リフトアップ クシ くし 櫛 マッサージブラシ 豚毛 プレゼント ギフト 女性 誕生日 さらさら 髪 ツヤ 頭皮 静電気 防止 マッサージ ツヤ 絡まない 敬老の日

ブラッシングが気持ちよく、髪がふんわりして艶が出たり、絡まりやすい髪質であれば毛先から少しずつ梳かしていくことで艶が出やすくなります。

購入の際にはラ・カスタ楽天市場店が送料無料で届けてくれて、楽天カードで決済した場合はキャッシュレで5%還元されます。また返品対象にはなっていないので、購入前にはよく確認しておきましょう。

細いナイロン毛は頭皮への負担を軽減し、ブラッシングによる頭皮マッサージがあるため艶やかな髪の毛に育つ効果が期待されます。

一方で豚毛は動物毛特有の水分と油分が含まれているためキューティクルを健康に保ち、静電気の発生を抑えられるので健やかな髪に仕上がるでしょう。

また入浴前に、適度に頭頂部に向かってブラッシングをしておくことで、頭皮をマッサージする効果があり頭皮や毛穴の汚れが取れるのが特徴的です。

髪の毛の絡まりを解くことができて、シャンプーの泡立ちも良くなります。

ブラシを変えてみませんか?こんなメリットが生じるんですヨ!

ラ・カスタヘッドスパブラシを使ってみる>>

Orienex ヘアブラシ

Orienexのヘアブラシは、竹特有の天然素材で美しい艶髪に仕上がります。

毛の先端まで竹で作られており、ナチュラルな雰囲気が出ています。先端が丸いので頭皮に刺激が少ないデザインとなっており、髪が弱ってきたことを悩んでいる方におすすめです。

低刺激の他に、程々なマッサージ効果が期待することができます。

Orienex ヘアブラシ (四角小) 木製櫛 美髪ケア 艶髪【送料無料】【並行輸入品】 ヘアケア 頭皮ケア マッサージ旅行や出張などの持ち運びに便利な収納袋付きやさしいブラッシング※配送先、沖縄・九州・北海道・離島のご注文はお受けできません


価格は楽天で3,180円から。

髪を気持ちよく梳かすことができて頭皮マッサージの効果があり、頭皮を柔らかくもみほぐしてくれるのが特徴的です。

髪の毛が細い人や薄い人、抜けやすい人におすすめで、どの年代の人も使うことができます。

 

ヘアブラシ付属品として、収納袋と替えのピン4本がセットになっています。

四角のヘアブラシが最も人気で、マッサージ用に購入する人がほとんどです。

頭皮だけでなく首や肩などの色々な箇所のマッサージをすることができますが、返品の対象にはなっていないので購入前によく検討することが必要です。

竹特有の天然素材が髪にとても良く馴染み、艶やかで櫛通りの良い髪に仕上げてくれるのが特徴的です。

収納用の袋だけでなく、交換ピンなどの付属品も付いており、プレゼントに購入しても喜んでくれることは間違いありません。

Orienex ヘアブラシを使ってみる>>

 

KENT 天然クッションブラシ

KENT社は、1777年に英国で生まれたブランドです。そのライセンスを得て作られました。

豚毛100%で適度なコシがあり、頭皮までしっかりとブラシが通ります。

年配者や薄毛の人には理想的なブラシだと言えるでしょう。

マッサージ効果もあり、地肌の血行を促進して健康的な髪と地肌を作ります。

【割引クーポン】KENT 天然クッションブラシ 豚毛 -3629 ケント ヘアブラシ kent ブラシ 寝癖直し 寝ぐせ もつれ髪 ブラッシングブラシ 髪 ほぐす【39ショップ/3,980円以上で送料無料※沖縄除く】


美容師さんの艶髪ブラシ

ところで、特に薄毛の人向けということではないのですが、もしも静電気が気になるならば、このブラシがオススメです。

テレビや雑誌で取り上げられる美容師さんが開発した髪に優しいヘアブラシで、ブラシ本体のアース部分に静電気を除去する機能が備わっており、一般のヘアブラシより静電気が起きにくいのが特徴的です。

乾燥しやすい季節でも静電気が起きにくく、髪を上手にセットしやすいです。またキューティクルへのストレスが開きにくく、櫛どおりが良く絡まりにくいのが人気のポイントとなっています。

美容師さんの艶髪ブラシ静電気除去タイプ【返品交換不可商品】

ピンには直径10マイクロメートルのセラミドが配合されており、毎日梳かしているだけで髪がサラサラになる構造になっています。

価格は2,074円ですが、返品は受け付けていないので購入前によく検討しましょう。

利用者によっては使い始めて2週間で効果が出たり、絡まりやすい髪質の人でもサラサラのストレートに変わると言われています。

サラサラにならなくても良いですが、薄毛で且つ静電気で髪が広がっていて、となるとシルエット的にはNGですよね。

美容師さんが使っているブラシだったら安心して使えますね。

ヘアブラシは中性洗剤で洗うの?それともつけ置きが必要?

ヘアブラシは、掃除したり洗い方を知っておくことで、長く清潔に使うことができます。

ナイロン製なら手で汚れを取るのが一般的で、1週間に1度の頻度で水洗いをするだけでOKです。

豚毛や猪毛などの動物毛の場合は、専用のブラシクリーナーを使いましょう。動物毛のヘアブラシは、毎日洗うのがおすすめです。

また、木製の物は、汚れが頑固な時はぬるま湯で洗い落とし、使い終わった歯ブラシなどで磨いて汚れを落とします。木製は水に弱いので、しっかりと水気を取り除くようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です