遠藤利明議員の経歴と学歴!噂や評判が気になる!妻や娘や息子について!

岸田内閣の下で選対本部長に任命された元五輪相の遠藤利明議員。

いかにも人の好さそうなまあるいお顔のお方。

今回は、そんな遠藤議員に焦点をあててみましたヨ!

遠藤利明議員の経歴と学歴!

【遠藤利明さんのプロフィール】

 

氏名:遠藤 利明(えんどう としあき)

生年月日:1950年1月17日

出身:山形県上山市

血液型:B型

身長:?

学歴:山形東高校卒、中央大学法学部卒

趣味:読書

特技:カラオケ(さだまさし「雨やどり」が好き)

好きな食べ物:ラーメン

好きなタレント:武田鉄矢

スポーツ:ラグビー、ソフトボール

遠藤利明さんは、山形県一の進学校である山形東高校を卒業し、中央大学法学部へとすすみます。

いつ政治家を志すようになったのかは調査不足でわんらなかったのですが、大学卒業後は、近藤鉄雄衆議院議員の秘書を経て、山形県議会議員に立候補し、2期務めます。

その後、2回目の国政への挑戦で国会議員となり、2021年10月現在、8期目となっています。

【選挙履歴】

1983年:県議会議員

1990年:第39回衆議院議員総選挙⇒落選

1993年:第40回衆議院議員総選挙⇒当選

1996年:第41回衆議院議員総選挙⇒比例当選

2000年:第42回衆議院議員総選挙⇒落選

2003年:第43回衆議院議員総選挙⇒当選

2005年:第44回衆議院議員総選挙⇒当選

2009年:第45回衆議院議員総選挙⇒比例当選

2012年:第46回衆議院議員総選挙⇒当選

2014年:第47回衆議院議員総選挙⇒当選

2017年:第48回衆議院議員総選挙⇒当選

 

【主な要職】

 

1998年::小渕内閣にて建設政務次官

2006年:第1次安倍内閣にて文部科学副大臣

2007年:スポーツ立国調査会の事務局長

2008年:衆議院農林水産委員長

2011年:自民党幹事長代理(総括)

2012年:自民党国際局長

2013年:スキー議連会長

2014年:一般財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事、政調会長代理

2015年:東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当の国務大臣

2016年:五輪・パラリンピック東京大会実施本部長、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の副会長

遠藤利明議員の噂や評判が気になる!

今も何かある度に利益供与疑惑が言われ続けていますよね。

議員なのでそうなるでしょう。

本人の性格は、自己分析ではマイペースだそうです。

目立つ発言や行動をしない、という印象をチヨコはもっています。東北の人に甘いかもしれません、私は。

遠藤利明議員の妻や娘や息子について!

息子さんも県会議員になられて、もしかして将来お父様の地盤を継がれることになるのか知りません。

家族の誰かが県議会議員を地元でやっていると、自然と双方が緊張感をもって真面目に議員をやる例しかチヨコは知らないので、これはいいことなのでは、と思っています。

どちらも自分のせいで、家族に悪い影響を与えたくないですからね。

・・で、ひろあき議員は、お母様似なんですね。

そして、娘さんは、劇団員の遠藤友香理さんです。弟のひろあきさんより1つ上です。

早稲田大学文学部を卒業された才媛です。

まとめ

岸田内閣で選対本部長となった遠藤利明さんについて、経歴や学歴、評判や家族のことなどについて書かせていただきした。

加藤利明さんは、年齢は70歳を超えていますが、近年、若い人以上に働く70代をたくさん見るので、加糖さんも国民の期待に応えられるうちは、健康に気をつけて頑張って欲しいと思います。

では、最後までお読みくださりありがとうございました。