加賀翔(かが屋)のプロフと経歴!好きなタイプや彼女について

若手お笑いコンビのかが屋の加賀翔くんは、笑顔がかわいいと評判です。

そんな加賀翔くんのことについて、調査してみましたヨ!

加賀翔(かが屋)くんのプロフは壮絶!

 

この投稿をInstagramで見る

 

かが屋 加賀翔(@kagaya_kaga)がシェアした投稿

▲又吉さんと。

加賀翔くんの経歴を見て、

大変な人生を送ってきたのネーと、まるで遠い親類のおばさんか小学校の担任の先生にでもなったような気持ちになりましたヨ。

だって、親が大変で、小さい時から祖母に育てられたのだから。

やがて翔くんが小学校4年生の時に両親が離婚し、一時父親の元で暮らしますが、再び祖母の家へ。

高校は中退

高校生になったと思ったら、引きこもりで退学。

おばあちゃん、がっかりしたんと違う?

チヨコとしては、何だか切ない気持ちになってしまうワ~。

 

でも、考えようによっては、よくぞグレないでここまで来てくれたワ!

 

翔くんは、髪の毛を自分でカットするのだそうですが、

器用というより、

私が想像するに・・・小さい時からお金がなかったんじゃないかしら。

大阪NSCへ

で、高校中退後は、幼馴染みに誘われて、大阪NSCの35期生としてお笑いの学校に入るのよ。

 

ところが、その幼馴染みは、入学直前に入るのをやめてしまったんですって。

なんてこと!

一人残った翔くんは、そこで学んでいるうちに、コントがしたいと思って、東京によしもと劇場ができるのを知り、NSCを辞めて上京するのよね。

行動力がすごいのか、それとも場当たり的に計画性がないというのか、どちらかは今はわからないわ。

もし、彼が今後成功したら、

「行動力がすごい!」と称賛されるでしょうし、

成功しなかったら、「計画性がない!」と言われるものなのよ。

是非、前者であることを願っているワ。

名前:加賀 翔(かが しょう)

生年月日:1993年5月16日

出身:岡山県備前市

身長:174cm

学歴:備前中学校卒

特技:写真撮影、両利き

趣味:自由律俳句、短歌

 

 

翔くんは、お父さんのしつけ(?)が厳しく坊主頭で似た雰囲気の人は苦手なんですって。

賀屋壮也との出会い

上京後、

アルバイトをしている中で相方の賀屋壮也さんと出会うことになりました。

実は二人は、同じコンビニでアルバイトをしていたのですが、夜勤と朝勤だったため長い間、顔を会わせることがなかったそうです。

しかしは、二人ともお笑い好きだと知った店長の粋な計らいとして、忘年会で初対面を果たし、コンビ結成の道がひらけたのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

かが屋 加賀翔(@kagaya_kaga)がシェアした投稿

かが屋のコントは、主に翔くんがネタを考え、そこから二人の協働で内容を膨らませていく作業をしています。

2019年には「キングコブコント」で決勝進出をはたすなどお笑い第7世代の期待の星として快進撃をしています。

日常生活でちょっとした気まずい場面を翔くんがネタとするわけですが、他人のちょっとした言動で傷ついたり、気まずい思いなどは、彼の幼い頃の生い立ちが影響し、ネタづくりに活かされているのではと思いました。

今は深夜を問わず頑張っていますが、いずれゴールデンタイムにも顔をちょくちょく出すようなそんなコンビになっていくでしょう。

意外とイケメンだと評判だけど彼女はいるの?好きなタイプは?

笑顔がかわいいという声もあるくらい、女子ウケするタイプの翔くんだから、彼女がいてもおかしくないですね。

今はコンビがもっと上に行くことを目指していて、彼女を作っているヒマもないかもしれませんが、10年位前から付き合っていた女性にプロポーズして玉砕したという話もあるので、やはり家庭をもちたいという気持ちはあるのでしょうね。

翔くんが好きなタイプの女性は、彼の生い立ちからすると、

人を傷つけることのない、優しい女性

ではないかと思われます。

彼がNSCに入った時、同期にゆりあんレトリィバァさんやガンバレルーヤさんがいたとのこと。

今後、同期の彼女たちに「あっ!」と言わせるほどの活躍をして欲しいと思います!

加賀翔くん療養へ!

2020年8月11日、加賀翔くんが体調不良のため、しばらく療養することが発表されました。

真面目な性格なので最近何か思い詰めていたようだったという話があります。

ストレスを抱えていたのかもしれません。

いつも元気そうだったので、突然でびっくりです!

本人としては、忸怩たる思いでしょうけど、健康第一ですし、まだ若いこれからの人なので、焦らずきちんと療養して欲しいと思います。

私たちもそっと見守りましょう!

今日も最後までお読みくださりありがとうございました!