堤駿斗(ボクシング)の階級と戦績!ライバルは誰?彼女はいる?




堤駿斗選手の階級と戦績!

堤駿斗さんは、ボクシング界で大注目されている世界ユース選手権優勝者です。

階級は、バンタム級。

今回は、オリンピックに向けて大活躍している堤駿斗さんを追ってみました。

【堤駿斗さんのプロフィール】

 

生年月日:1999年7月12日

出身:千葉市

身長:171cm

階級:バンタム級

学歴:習志野高校卒、東洋大学

趣味:漫画

 

この投稿をInstagramで見る

 

堤 駿斗 Hayato Tsutsumi(@hayato2238810)がシェアした投稿

【堤駿斗さんの主な戦績】

 

70選65勝(20KO・RSC)5敗

2016年 世界ユース選手権優勝

(その年、日本ボクシング連盟による最優秀選手賞受賞 高校生初)

2017年 第87回全日本ボクシング選手権大会で優勝

2019年 第89回全日本ボクシング選手権大会で優勝

高校6冠達成・・・国体、総体、高校選抜をそれぞれ2冠

堤駿斗さんは、ボクシング強豪校の習志野高校を卒業した後、東洋大に進みます。

東洋大ボクシング部は、先輩に村田諒太選手を輩出しているなど強豪校であり、2019年12月に行われた「第73回学生王者決定戦」でも優勝

▼2019年全日本を制した時の動画がこちら

そんな環境の中で、東京オリンピックメダルへの期待も高まっています。

よく、井上尚弥(世界3階級制覇王者)2世と言われることがありますが、その理由は、井上選手が初めて高校生ながら全日本ボクシング選手権で優勝したのですが、堤駿斗もそれに続き高校生ながら優勝したということ、井上尚也選手が成し得ていない世界ユース選手権で優勝していること等です。




堤駿斗選手のライバル!

堤駿斗選手には、中学時代からライバルがいます。

松本圭祐(東京農業大学)選手。同学年。東京農業大学も井岡一翔選手を輩出した強豪校です。

 

二人は同じバンタム級。

強い人には強いライバルがいるものです。

2017年の高校総体の決勝で再び対戦しますが、その時は、5-0で堤駿斗が優勝。

ちなみに松本圭祐選手は、私の地元、横浜出身なんですよね

もちろん、一番に応援しています!!

【松本圭祐選手のプロフィール】

 

生年月日:1999年7月17日
出身  :神奈川県横浜市
身長  :172㎝
階級  :バンダム級(52.16kg~53.52kg)
高校  :横浜市立みなと総合高校
大学  :東京農業大学

松本圭祐選手はこのほどプロに転向し、2020年5月28日に後楽園でデビュー戦があります。是非、応援してくださいっ!

 

なお、オリンピックの選手は以下のとおり選考されるとのことです。

男子は11月の全日本選手権優勝者(9月の世界選手権のメダリストが全日本で敗れた場合は、12月に両者で決定戦)、女子は10月の日本選手権優勝者と同月の世界選手権代表者による決定戦の勝者を日本代表に選ぶ。

代表選手が1月のアジア・オセアニア予選、5月の世界最終予選で五輪出場枠確保した選手がオリンピックの代表入り。

プラスして開催国枠として男4名、女2名は予選終了後に強化委員会が選ぶ。




堤駿斗選手はイケメンだけど彼女はいる?

ボクシング界きってのイケメンの堤駿斗選手。

チヨコ・デリ

いやぁ、他の選手もカッコいいけど、ボクシングって顔がボコボコになるイメージが強くって。そのボコボコが元に戻らないのでは?と心配してしまうわ。

そんなイメージを覆すイケメンが堤駿斗選手。

ボクシング界では、これから女性ファンが多くなる予定!!!

こんなイケメンに彼女がいないわけがない!きっと練習を支えている彼女がいるに違いない!と思い、血眼になって探しました。

でも・・・

あちこち探したのですが

見つかりませんでした。

今はオリンピックに向けて、それどころではないのでしょう。

彼は、イケメンで強いのですから、きっと可愛いタレントさんなどと結婚するんじゃないかな、と密かに見ています。

モテモテになりそうな気配。

これからは特にオリンピック後の堤駿斗選手にも注目していきたいと思います。

そしたらまた記事を更新しますね。

まとめ

ボクシング界は、若きヒーローがたくさんいます。

堤駿斗選手の弟の堤麗斗選手も天才と呼ばれているくらいです。

これからも若手の活躍に目が離せません。

堤駿斗選手だけでなく、松本圭祐プロ、麗斗選手を応援して行きましょう!!

ここまでお読み下さりありがとうございました。