桜木紫乃の経歴と学歴!旦那や家族について!映画ターミナルのあらすじは?

「ホテルローヤル」で2013年に直木賞を受賞された人気作家の桜木紫乃さん。中学時代から文学少女だったようですが、今度TV「あさいち!」にも出演されるそうです。

全くと言っていいほど文学に興味がなく、ビジネス本くらいしか読まないチヨコですが、興味がある人もいるのではないかと思い(というか、興味ないのは私だけ?)、今回調べてみましたヨ!

桜木紫乃さんの経歴と学歴!

文学に興味のない人でも、映画なら!という人もいるのではないかと思います。桜木紫乃さん原作で映画化される作品があるんですヨ。

それが、「ホテルローヤル」。波留さんと松山ケンイチさんが出演されます。

予告を見ると、ワクワクしますよね!原作を読んでなくとも、原作の世界観は映像で伝わることを期待しますよね!

チヨコは映像派です。「おいしいニュース」を文字で配信していますが、元々はそうなんですヨ。

話を元に戻すと、

桜木紫乃さんは、この映画を通して、普段は本を読まない派の人たちの間でも、ブレイクしそうな作家さんだという予感がします。

では、桜木紫乃さんのプロフィールを見てみましょう。

【桜木紫乃さんのプロフィール】

 

ペンネーム:桜木紫乃(さくらぎ しの)

本名:??

生年月日:1965年4月19日

出身:北海道釧路市

学歴:釧路市立北中学校卒、釧路東高校卒

ファン:ゴールデンボンバー

受賞歴:

2002年:雪虫(第82回オール讀物新人賞)

2012年:ラブレス(第41回釧新郷土芸術賞)

2013年:ラブレス(第19回島清恋愛文学賞)

2013年:ホテルローヤル(第149回直木賞)

2016年:蛇行する月(第1回北海道ゆかりの本大賞)

2020年:家族じまい(第15回中央公論文芸賞)

すごい受賞歴ですよね。この他に、受賞はされなくとも候補になったものも多く存在します。

桜木さんは、中学生の時に、「挽歌」(著:原田康子)に出会い、文学に目覚めました。高校では文芸部に入り、高校卒業後は、裁判所でタイピストとして採用されました。

やがて24歳で結婚し専業主婦に。

2人目の子を出産してから、小説を書き始めます。「挽歌」の著者である原田康子さんも所属したことのある文芸誌「北海文学」の同人として活動し、2007年に「氷平線」という作品が文藝春秋に掲載され、後に単行本デビューします。

受賞歴を見ると、その前に「雪虫」で第82回オール讀物新人賞を受賞していますけどね。

その後の活躍は、受賞歴のとおりです。

桜木紫乃さんの旦那や家族について!

桜木紫乃さんは、24歳で結婚してから、夫の転勤に伴い釧路市、網走市、留萌市などに住所を移します。旦那さんは公務員ということなので、転勤があるということでは、国家公務員でしょうか。

家族は、4人家族です。

24歳の時に長男を出産し、後に長女が生まれ、お子さんは二人です。

もう二人とも20歳前後ですので、大学生あたりでしょうか。

桜木紫乃さんの映画ターミナルのあらすじは?

さて、ここからは、2012年に小学館から発売された起終点駅(ターミナル)についてです。著作本では、6編の短編( かたちのないもの、海鳥の行方、起終点駅、スクラップ・ボード、たたかいやぶれて咲けよ、潮風の家)が収められています。

これらについて、あらすじといっても、冒頭のようにチヨコは本を読んでいません。ですが、「起終点駅」については、佐藤浩市さん出演で映画化されています。あらすじはこちらのとおりです。

>>ターミナル 映画のあらすじはこちら

桜木紫乃さんの作風については、ファンから次のようなコメントがあります。

すべての短編の切れ味がとてもいい。北海道在住作家ならではの空気感、季節感等を味わいながら読み進められるのがうれしい。読みたい作家がまた一人増えた。

かつての賑わいをなくした都市や田舎の町に、重い過去の経験を背負って生きている人の姿が重ねられます。桜木先生らしい人生観を反映した作品です。

厳しく美しい北海道の大地が物語の舞台になっているからか、「生」への力強さを感じる。悲壮感は薄く、不器用でも、運が悪くても、その先に光を見出すことが出来る作品。

 全体的に、しっくりくるフレーズが沢山あって、さらさら読むには勿体無いです。

まとめ

いかがでしたか?

直木賞作家の桜木紫乃さんについて、書かせていただきました。

チヨコ・デリ

本を読まないチヨコも、ターミナルは短編だから読めるかもしれないワ。コメントにあるように読んで暗い気持ちにならなくて光を見いだせるなら、今度読んでみようかしら。

もし、よろしかったら、こちらでもご紹介しています!

最後までお読みくださりありがとうございました!