神津善之介の経歴や学歴!絵の価格はいくら?結婚した嫁が気になる!

中村メイコさんの長男でスペインで活躍中の画家、神津善之介さん。

今度「徹子の部屋」にお父様と出演されるということなので、この機会に今回は神津善之介さんの経歴等について焦点をあててみましたヨ!

神津善之介さんの経歴や学歴!

神津善之介さんの実家は、才能豊かな一家として有名ですよね。

祖父は作家の中村正常さん。

母は中村メイコさん。

父は、作曲家の神津善行さん。姉は作家の神津カンナさんと女優の神津はづきさん。はづきさんの旦那さんは俳優の杉本哲太さん。

文化や芸術、芸能の才能ある血縁集団。

芸能人一家はあっても、芸術的才能のある一家と言ったら、神津一家しか思い浮かびません~!

そんな芸術的センスがあり、芸能に親水性というか窓が大きく開かれている神津家の末っ子として誕生したのが善之介さんでした。

長女のカンナさんとは14歳も違うし、次女のはづきさんとも10歳も違うという・・・初めて写真で善之介さんを見た時、多分、すごく大事にされて育った細かいことにこだわらず悠々とした雰囲気のあるお方、という印象を勝手にもちました。

神津善之介さんのご実家の話についてはこちら>>中村メイコの現在は?豪邸はどこ?娘や息子、娘婿や孫が気になる!

【神津善之介さんのプロフィール】

 

氏名:神津善之介(こうづ よしのすけ)

生年月日:1972年

出身:東京都世田谷区

血液型:

身長:

学歴:武蔵工業大学附属高等学校卒、武蔵工業大学卒

趣味:

created by Rinker
東京堂出版
¥4,950 (2024/07/15 04:18:33時点 Amazon調べ-詳細)

善之介さんは、内部進学で武蔵工業大学に進学し、理系の道を歩むかと見られていました。

しかし、以前から絵を描くことが好きだった善之介さんは、大学2年次に J・トレンツ・リャド氏に師事します。

大学卒業後は、単身、スペインのマヨルカ島に留学します。

J・トレンツ・リャド氏は、20世紀最後の印象派と呼ばれているお方。

そして、善之介さんは才能を伸ばし、1997年に東京で初個展を開催します。

【主な受賞歴】

 

1998年:マヨルカ、バルセロ財団主催国際絵画展入選、

1998年:マドリード、第65回サロン・デ・オトーニョ展、入選及び奨学金賞受賞

1999年:マドリード、第14回BMW財団主催国際絵画展入選

2000年:マドリード、デュラン絵画コンクール入選

2001年:マヨルカ、バルセロ財団主催国際絵画展大賞

2004年:マドリード、デュラン絵画コンクール大賞

その後も、精力的に日本国内でも個展を開催したり展示会に参加して活動されています。

学歴

神津善之介さんは、小・中学校は成城の公立学校に通っていましたが、高校からは武蔵工大附属に進学しています。

【武蔵工業大学付属高校】

 

偏差値:61

住所:東京都 世田谷区 成城1-13-1

出身有名人:周防正行、高中正義、土師孝也

 

神津善之介さんの絵の価格はいくら?

神津善之介さんの絵画は、大丸神戸店で定期的に展示販売されているようです。

2022年は6月22日(水)→7月5日(火)まで7階アートギャラリーにおいて開催されていました。

>>https://shopblog.dmdepart.jp/kobe/detail/?cd=091627&scd=001902

上のリンクを開けてみると、価格も表示されており、40万円~80万円ほどの間で購入できるものもあるようですね。

松屋銀座でも行われています。

神津善之介さんのこちらのサイトから次回の展示会の開催日などがわかりますヨ>>https://yoshinosuke.net/

神津善之介さんの結婚した嫁が気になる!

神津善之介さんは、結婚されていて、2011年に宇之介くんという男の子が誕生しています。

善之介さんは、2000年代は、既にスペインと日本で活躍されていたので、奥さんはひょっとしたら海外で知り合った可能性もありますが、詳しいことはわかっていません。

まとめ

神津家の長男であり画家として活躍されている神津善之介さんについて、経歴や学歴、作品の価格はいくらぐらいなのか、奥さんのこと等についてまとめてみました。

実はチヨコは神津善之介さんの絵が好きです。

よく美術の本で見ていた光を使った印象派の絵画作品にも似ているし、どこかなつかしいような新しいようなほっこりする作品が特に。

いつも、こんな絵が飾れる住居が欲しいな~と夢見ています。

これからもますます活躍されるよう期待しています!