安斉かれんのすっぴん写真!顔や私服が可愛い!性格がヤバイ!

安斉かれんさんは、2020年4月18日(土)23:15~テレビ朝日でドラマ「M 愛すべき人がいて」で浜崎あゆみ役としてドラマ初主演を務めます。

今、とっても話題の方ですネ~。

ですが、なぜか露出が少なくて、且つ、CGのように整い過ぎた見た目のせいで、「実在しないのではないか」と言われているくらいなのです。

今回は、そんなミステリアスでバーチャルのように美しい安斉かれんさんに焦点をあててみますーー!!

安斉かれんさんのプロフィール!実在するヨ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

安斉かれん(@kalenanzai)がシェアした投稿

▲見るからにCGのようですし、テンガロンハットを被ったこの格好も、一頃の浜崎あゆみさんに似ていますね。整い過ぎたお顔は、もはや美しさを超えています!

▼こちらは浜崎あゆみさん。かれんさんとは年齢が倍ほど違うのにこのスタイルはりっぱ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ayumi hamasaki(@a.you)がシェアした投稿

 

【安斉かれんさんのプロフィール】

 

生年月日:1999年8月15日

出身:神奈川県藤沢市

身長:157cm

血液型:B型

事務所:エイベックス

デビュー:2019年5月、16歳の時に書き下ろした『世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた』でデビュー

休日の過ごし方:動画配信サイトで映画鑑賞、ペットと遊ぶ

楽器:小学生時代はエレクトーン、中学時代はアルトサックス

次に、音楽好きのかれんさんの歌手デビューまでの経歴についても調べてみました。

【歌手デビューまでの軌跡】

 

安斉かれんさんは、小学生の時はエレコトーンをやっていましたが、中学生の時に父親とローリングストーンズのコンサートを聞きに行って、バックバンドのサクスフォンの音にほれ込み、中学時代は吹奏楽部に入りました。

 

パートはアルトサックスを担当していました。

 

また、アンサンブルの県大会で金賞をとっているとのこと。

 

このように、かれんさんは、自分で音楽を作りたい、演奏したいという思いの強い人だったんですね。

 

次に高校生になると、歌手を目指して3年間レッスンに通います。渋谷区にあるエイベックスが主催するアーティストアカデミーに通ったという話があります。

 

高校生だった16歳の時に、後にデビュー曲となる『世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた』の作詞もしています。

 

さらに、高校を卒業してすぐに、エイベックスが経営している渋谷で人気の「RELECT by RUNWAY CHANNEL Lab.」でショップ店員として働きます。

 

そして満を持して20歳の2019年5月にエイベックスからデビュー!

▼デビュー曲はこちら


 

 

やはり、曲を聴くと、どうしてもアユをイメージしますね。

ザ・エイベックス、という感じです。


安斉かれんさんのすっぴん写真!

 

この投稿をInstagramで見る

 

安斉かれん(@kalenanzai)がシェアした投稿

▲この写真がすっぴんかどうかはともかくとして、安斉かれんさんは、まるでバーチャルのように整ったお顔をしています。

で、すっぴん写真があるはずだ!と思い、

インスタやツイッターをくまなく調べましたが、すっぴん写真については探せませんでした。

SNSに投稿する写真も、かなり洗練されたものなので、ここでもし彼女が以前自撮りしたすっぴん写真が登場すると、イメージを損ねかねないと事務所が判断し、本人に投稿させていないのかもしれません。

また、ここまで情報のない新人さんも少ないので、情報を出さない、という戦略なのかも。

他のサイトで、「安斉かれんさんのすっぴん写真!」として紹介された写真があるのですが、多分ソニンさんので、安斉さんではないと思います。


安斉かれんさんは、顔が可愛いだけでなく、ファッションセンスも抜群の可愛さ!

安斉かれんさんのインスタを見ると、レコードショップなどでのプロモーションの写真が多くあります。

どの服も可愛いくて、かれんさんの良さを引き出しています。

 

安斉かれんの性格がヤバイ!

次に性格について調べてみました!

これだけの美人なので、小さい頃からちやほやされたり、男の子からモテはやされたりして、相当プライドが高く扱いにくい人ではないかという想像ができますが、

イヤイヤ

安斉かれんさんは、そんな人ではありません!

むしろその逆といっていいほどです!

本人20歳そこそこなのに、これはある意味「ヤバイ!」です。

 

本人は自分のことをどう思っているのでしょう。

・「周りをあまり気にしない自由人。」

優柔不断ではないけれど、迷っていることも多い。

・周りに何を言われても、あまり気にせずに自分の道を進んでいくタイプ。

・「自分は自分。できることをやるだけ」と思っています。

・「先のことを考えるのは苦手」「一瞬一瞬を全力で生きる」のだそう。

自分は自分、と思っている人は、周囲に流されないという意味でマイペースな人が多いですね。

これらの性格は、安斉かれんさんの強みなのだと思います。

まだ若いのに、しっかりしていますよね。

 

すぐにブレイクしそうな予感がする安斉かれんさんですが、きっと人気が出ても、

「私は私なんだ。」と

自分を見失わず、周囲にも流されることなく、気負いなく前に進んでいくのでしょう。

まとめ

まるでCGのように整った顔の安斉かれんさん。

コロナ禍の中、番組は始まり、大変な人気を博しています。

体調には十分に注意しながら、安斉さんもスターーの階段を上がって行って欲しいと思います。

「M 愛すべき人がいて」で、浜崎あゆみさんの役をやるエイベックスの安斉かれんさんを今後も応援してまいりましょう!