大信田礼子は再婚して現在は女優?相棒に出たのはいつ?プロフィールも!

昭和40年代後半に、ドラマ「旅がらすくれないお仙」や「プレイガール」に出演し、人気だった大信田礼子さん。

作曲家の都倉俊一さんと結婚し、離婚した後はあまりお姿を見ていませんが、現在、どのようにされているのでしょうか、興味がありましたので今回は大信田礼子さんに焦点をあててみましたヨ!

大信田礼子さんは再婚して現在は女優?

 

この投稿をInstagramで見る

 

カタルシネマ(@katarucinema)がシェアした投稿

大信田礼子さんは、高校時代にアメリカで開かれたミスコンテスト10代女王コンテスト世界大会で優勝したのがきっかけで芸能界入りをします。

当時のこのコンテストについて調べようとしましたが、詳細はわかりませんでした。また、京都に住んでいた大信田さんが、どのような経緯でコンテストに出場したのかもわかりませんでした。

ただ、身長170cmという、当時はそのような高身長で脚の長い日本人女性はめずらしかったと思われます。誰もが認める抜群なスタイルで、芸能界に入ってからは、ミニスカートや短パンというお色気路線でいっていました。

【主な出演作品】

 

1968年:TV「旅からすくれないお仙」

1970年:TV「プレイガール」

1970~1971年:映画「ずべ公番長」

1973年:映画「同棲時代~今日子と次郎~」

1982年:映画「ジェラシーゲーム」

2013年:舞台「銭形平次」、TV「相棒」 その他多数

元々は、お嬢さん育ちで、学校の送り迎えもお手伝いさんがしてくれた、というお家。お色気路線はそのは反動だったとか。

巨人の江夏豊投手が、大信田さんの大ファンで積極的にアプローチしていたという話がありますが、大信田さんは、「同棲時代」を作曲した都倉俊一さんと1974年に結婚します。

都倉さんの外交官のお父様が赴任していたハンガリーのブダペストで盛大に結婚式が行われ、テレビでも一部放映されました。

ひとことで言うと、都倉さんがお坊ちゃま過ぎた、ということでしょうか、結婚生活は長くなく、1978年に離婚します。

その後は、大信田さんは、目立った活動はせず、1年に1~2本の割合で単発でテレビや映画等に出演していました。

 

再婚はしなかったようです。

何年か前までずっとお母様の介護をしており、今はお一人で住んでおられるということです。

現在も舞台に出演されており、女優は続けていらっしゃいます。

大信田礼子さんが相棒に出たのはいつ?

大信田さんが久しぶりにテレビに登場したので、話題になりましたね。

出演したのはも2013年の「相棒season12」の第9話「かもめが死んだ日」です。

料亭 一の家女将の役をやられていました。

大信田礼子さんのプロフィール!

【大信田礼子さんのプロフィール】

 

氏名:大信田礼子(おおしだ れいこ)

生年月日:1948年9月15日

出身:京都市

血液型:B型

身長:170cm

学歴:京都府立鴨沂高等学校⇒東京都内私立女子高卒

事務所:長良プロダクション

大信田さんは、今も昔も、歌は上手ではないと思いますが、この甘えた感じの声をチヨコも覚えています。

また、顔をいじって若返らせないところもいいと思います。

大信田さんの自然体なところが、魅力なのかなと思います。

まとめ

大信田礼子さんについて、現在何をされているのか、再婚されたのかどうか等について、書かせていただきました。

SNSを見ると、おそらく昭和時代のファンが今もずっとファンみたいですね。

スゴイことです^^!

都倉俊一さんの作曲もなつかしいですし、チヨコも歌詞がわかるので、何だか安心して聴けます。

なお、大信田礼子さんが離婚後久々に出演した1982年の映画「ジェラシー・ゲーム」は、パートナーを入れ替えた30代夫婦と20代カップルの姿を、激しいエロス描写と繊細な映像で描出し、大信田礼子さんと高橋ひとみさんが裸体を大胆に披露し、話題となりました。

U-NEXTで観れます。↓ ↓ 無料視聴期間をご利用ください。

>>「ジェラシー・ゲーム」はこちら