キム・ヨンデの経歴とドラマ降板の真相は?イケメンだけど結婚する彼女はいる?

大人気韓国ドラマ「流れ星」に出演しているキム・ヨンデさん。

劇中、芸能事務所の看板スターということで、イケメンぶりを発揮したかと思えば、爆笑必至なコミカルな表情や言動の連発で、私たちを見事にヨンデ沼に引きずりこんでくれました。

今回は、キム・ヨンデさんがどんなお方なのか、まだよく知らないという方のために、情報をまとめましたヨ!

キム・ヨンデさんの経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

ㄱㅇㄷ(@kyd_3.2)がシェアした投稿

チヨコ・デリ

ドラマが面白すぎるし、キムヨンデさんがステキ過ぎるし、もう沼にはまってしまい、どちらかというと助けて欲しい~という心境です、ハイ。

 

さて、キムヨンデさんの経歴ですが、

キムヨンデさんは、高校1年生の時に、ご両親の勧めで中国に留学しました。

そして中国の中でもいつも上位に名があがる名門復旦大学に見事に入学!

チヨコ・デリ

韓国は超学歴社会。就職のためには第2外国語は必須で第3まで求めるところもあるくらい。学費や滞在費の面からも中国への留学生は多いという現状があるそうヨ。今はコロナの状況で留学生も返されていたり、志望者も減少していますけどね。

キムヨンデさんは、大学が長期休みに入った際、たまたま芸能事務所のアウターコリアの社長と出会い、芸能界入りを勧められたとか。

2020年のインタビュー記事では、このようなことを言っています。↓ ↓

「中国留学中、今の所属事務所の社長に俳優オファーを受けて、両親に今後の計画と共に数ヶ月説得をして2年間俳優に挑戦する機会を得ました。もう3年が過ぎ、今は積極的に応援してくれています」

最初は2年間やってみる、ということだったのでしょうか。

やはりスカウトされたのですね。・・・どうも「流れ星」の劇中、芸能事務所が将来のスターをスカウトするシーンとダブってしまいますが・・・。

本人も、始めのうちはあまり乗る気がなかったようなのですが、だんだんとやっていくうちに楽しくなってきたそうで、ご両親も応援してくださるようになったのだとか。

【キム・ヨンデさんのプロフィール】

 

氏名:キム・ヨンデ

生年月日:199632

出身:ソウル特別市

血液型:O

身長:185cm

学歴:復旦大学

家族:両親、妹

趣味・特技:ピアノ、歌、サッカー、中国語

デビュー:2017年ウェブドラマ『片想いの合図』特別編

事務所:アウターコリア

【主な出演作品】

 

2017年:

片思いの合図 特別編」

2018年:

恋のオフィス・ウォッチ シーズン2」、「ただとてもつらなくて」、「君、対処法」、「サランバンのお客さん」、「少し敏感でも大丈夫」、「あなたと私の有効期間」

2019年:

恋のオフィス・ウォッチ シーズン3」、「About Youth」、「ITEM」、「ウラチャチャワイキキ2」、「美しかった私の私たちへ」、「片思いの合図 特別編」、「偶然見つけたハル」

2020年:

「天気が良ければ訪ねて行きます」、「ペントハウス」、「浮気したら死ぬ」

2021年:

「ペントハウスⅡ」、「ペントハウスⅢ」

2022年:

「流れ星」、禁婚令:朝鮮婚姻禁止指令(原題)

こう見ると、デビューした翌年、22歳の時の出演作品数が6本、とかなり多いですね。

さらに翌年は7本、と、素晴らしい実績です。

2年間、ということがあったからなのでしょうか。

最初から俳優を目指していなかったキムヨンデさんからすると、実績を積み実力を育んでいくことが必要だったはずですが、これは申し分ないですね。

2020年の「浮気したら死ぬ」では、『KBS演技大賞』で「ネチズン賞」を受賞し、同年の大人気テレビドラマ「ペントハウス」ではかなりの認知を得ました。

大人気俳優としての階段を駆け上がってきたキム・ヨンデさん。

もう期限なんてないでしょう。

次は、番組降板の真相についてです。

キム・ヨンデさんのドラマ降板の真相は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

김영대(@youngdae0302)がシェアした投稿

一時期、キムヨンデさんが、「KBS2TVドラマ「学校2021」に出演することが決まっていたのに、勝手に『聞いてない』ということで降板した、主要俳優のミーティングや台本の練習などに参加していたのに!」というニュースが出ていました。

さらに「勝手に降板されて、別のドラマに出るような発表までして!」というような記事も。

その時の別のドラマとは、ご存じ「流れ星」のことです。

ファンからすると、ちょっと驚きますよね。「いったいどうしたんだろう。」と心配された方は多いと思います。

 

でも、安心してください、キムヨンデさん側の説明は、チヨコの言葉で要約すると次のとおりになります。

降板は、制作会社の理由によるもの。

 

私たちは、最初は、制作会社のKings Mediaと契約していたが、撮影開始時期に、Kings Mediaの都合で開始されず、キャスティングもされないので契約解除した。

 

Kings Mediaは会社がなくなり、その後、Kings Land(Kings Mediaの社長と同じ)の再三の勧誘により、再び出演契約を締結した。

 

このことにより、2022年上半期に編成予定として議論されていた他の作品への出演を諦めた。

 

しかし、結局、Kings Landも契約金を期限までに払ってくれなかったので、やむを得ず降板することとなった。

出典元 https://www.wowkorea.jp/news/enter/2021/0723/10308453.html

最後に所属事務所側は「まるで俳優が一方的に作品を降板したと誤解されかねない内容の記事が、数日前から殺到している」とし、「弊社と俳優は監督以下、放送局との関係を維持するため、不安定な制作状況であった『学校2021』への出演を選んだが、到底理解できず、これ以上受け入れることができない制作会社側の帰責事由により、やむを得ず降板することとなった」と強調した。

 

ということでした。

ドラマ「流れ星」を見ていると、芸能事務所の裏事情なども出てきて、この記事も今となれば興味深いですね。

キムヨンデさんはイケメンだけど結婚する彼女はいる?

上の写真は、いずれも出演情報からです。

気になるキム・ヨンデさんの彼女情報ですが、

結論から言いますと、現在のところ、まったく情報はありません。

 

当初は2年間という俳優活動の約束でしたが、今は6年ですからね。20代半ばですし、そろそろ彼女のうわさが出てもおかしくはないと思いますが、SNSなど探しましたがそれらしい情報はなかったですね。

これから日本でもどんどん知名度をあげて欲しいですし、世界にもアピールしていく人材ですから、プライベートを充実させるより、仕事優先で行く、ということなのでしょう。

応援したいですね!

なお、コロナが落ち着いたら、日本でのイベントも是非考えて欲しいものです。

「流れ星」でキム・ヨンデにはまったら、こちらもオススメ!

\キム・ヨンデの美しい眼差しをもっと見る!/

ドラマ「流れ星」は、大人気ラブコメディです。キム・ヨンデさんは、ヒロインのオ・ハンビョルが勤める芸能事務所の看板スターのコン・テソン役を演じています。

ハンビョルとは大学時代からの友人であり、ハンビョルのことがいつも気になり、からかったりいじめたりしています。

二人はどうなっていくのか、やりとりが見ものです。

【U-NEXT配信】

2019年:偶然見つけたハル

2020年:浮気したら死ぬ、天気がよければ会いにいきます

2022年:流れ星

\キム・ヨンデの鍛えられた肉体を見たい!/

登録にあたっては、こちらも是非ご確認ください!

>>U-NEXTの1 ヶ月無料の解約は超簡単!お得で損しない利用方法を伝授!

まとめ

ドラマ「流れ星」で大人気のキム・ヨンデさんについて、経歴やドラマ降板の経緯、彼女さんのことなどについて、書かせていただきました。

韓国でもスーパールーキーとして期待されているそうです。

これからも応援しましょう!

では、最後までお読みくださりありがとうございました!