時任勇気はNHKちむどんどんでダメ息子を好演?父親似の高身長で母親はチャネラー?

2022年7月から毎週水曜日22:00からスタートする新ドラマ「テッパチ!」に出演する時任勇気さん。

「24時間働けますか?」のCMの時任三郎さんの息子さんなんですね。

最近は、2世俳優さんが多いし、苗字からして「もしや?」と思っていましたが・・・。

では、今回は、そんな時任勇気さんに焦点をあててみましたヨ!

時任勇気さんはNHKちむどんどんでダメ息子を好演?

皆さん、時任三郎さんのことを知っているし、リゲインのCMは、ホントあの頃の日本を象徴していましたからね。

時任三郎さんもトレンディ俳優でカッコ良かった~。

ウフフ、ご本人は台本通りに演じているのですけどね。クズすぎるって^^。

そうなんですヨ。時任さんは、外国暮らしが長かったので、英語ペラペラで、NHK「おもてなしの基礎英語 」にも出演していました。

ここでプロフィールを見てみましょう。

【時任勇気さんのプロフィール】

 

氏名:時任勇気

生年月日:1991年10月2日

出身:ニュージーランド

血液型:O型

身長:186cm

学歴:明治大学卒

趣味・特技:

家族:父(時任三郎)、母、妹(歌手のCana)

デビュー:2017年「刑事のゆがみ」第7話

事務所:アミューズ

 

時任勇気さんの名前は、リゲインのCMソングだった「勇気のしるし~リゲインのテーマ~」から名付けらたそう。

時任勇気さんは、1991年にニュージーランドで生まれ、1995年にカナダに移住、1999年に再びニュージーランドに戻り、2003年に日本に帰国。

生まれた時からずっと外国で暮らしていたことになりますから、日本に帰国、という感じではなかったでしょうね。

高校時代に再度、カナダに留学しますが、時任家としては、かなり自由にのびのびと子育てをされたという気がします。

帰国後に、お父様が俳優をやっているということを実感するようになり、俳優という仕事に興味をもったということで、大学卒業後にデビューします。

では、その間、時任三郎さんは何をされていたかというと、時任さんは、ほとんど俳優の仕事を入れないで、3人の子供たちと過ごしていたそう。子育てのために、ニュージーランドに行かれたみたいです。

とはいえ、その時期も仕事の実績はあるので、日本にその時だけ帰ってきたということでしょうか。

そして、子供が大きくなったので、2003年、帰国。

【時任勇気さんのこれまでの主なレギュラー作品】

 

2019年:おもてなしの基礎英語

2020年:運命から始まる恋~You are my Destiny〜、24 JAPAN

2021年:生きて、ふたたび 保護司・深谷善輔

2022年:朝ドラ「ちむどんどん」、テッパチ

勇気さんは、この他に多くの作品に出演しています。

2017年にドラマ単発で出演し、2018年からは映画にも出演、2019年からはレギュラーとして連続ドラマに出演し始める等、時任さんは、順調に仕事を進めてきています。

とはいえ、これまで役者として目立っていた、とはいえなかったと思います。

今回は、「ちむどんどん」で全国区になり、にわかに有名になりましたね。役柄は、憎たらしいクズということになりますが、連続テレビ小説の威力はやはりスゴイです。

時任勇気さんは父親似の高身長?

さて、勇気さんは、身長186cmですが、お父様は、身長188cmです。

日本の俳優さんの中では、かなりの高身長となります。

勇気さんは、遺伝もあるでしょうけど、たくさん食べるそうで、大きくなる要素がありましたね。

時任勇気さんの母親はチャネラー?

お母様の時任千佳さんは、結婚するまで女優兼モデルだったそうです。

時任三郎さんと結婚して芸能界は引退し、以前から霊感があったことを活かして、現在はチャネラーとして活動される他、スピリチュアルカウンセラー、ヨガティーチャーとしても活躍されています。

created by Rinker
¥1,430 (2022/12/10 18:22:54時点 Amazon調べ-詳細)

本も何冊か出版されています。

家族そろって有名人なんですね。

まとめ

最後に、どうしてもコレを。

そう、平成元年だったんですよね。仕事をどんどんして残業代もどんどん稼いで、日本がナンバー1という時代でした。

さて、時任勇気さんについて、ちむどんどんの評判と、お父様との身長のこと、お母様のことなどについて書かせていただきました。

これからブレイクしていくのではないかな、という気がします。

また、年齢も30代に突入していますから、彼女がいて、「結婚!」などというニュースもいつ入ってきてもおかしくありません。

これからも見守ってまいりたいと思います。

では、最後までお読みくださりありがとうございました。