日曜劇場の次回作の最新情報!今後の予定もわかり次第更新!

TBSの日曜劇場(夜9時~)は、常にTVドラマの視聴率トップクラスを維持するほど人気の高いドラマ枠です。

そんな日曜劇場の次回作は常に話題になりますし、知りたい人が多いということです。

そこで、ここでは、次回作は何かということについて、記事を更新する形で、最新情報をお知らせしています。

日曜劇場の次回作の最新情報!

2024年1月からは、西島秀俊さん、芦田愛菜さん主演の「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」が始まります。

楽しみですネ!

【主なキャスト】

 

俊平⇒西島秀俊

響⇒芦田愛菜

母⇒石田ゆり子

森大輝(トランペッター)⇒宮沢氷魚
倉科瑠李(フルート奏者)⇒新木優子
近藤益夫(コンサートマスター)⇒津田寛治
古谷悟史(ファゴット)⇒玉山鉄二

日曜劇場の放映された作品(これまでの記事)

ここは、過去の記事です。

修正したりそのまま残したりしています。

↓ ↓

 

2023年10月からは、鈴木亮平さん主演の「下剋上球児」が始まります。

主なキャスト

【主なキャスト】

 

南雲修司⇒鈴木亮平

山住香南子⇒黒木華

南雲美香⇒井川遥

横田宗典⇒生瀬勝久

犬塚杏奈⇒明日海りお

根室柚希⇒山下美月(乃木坂46)

青沼健太⇒きょん(コットン)

賀門英助⇒松平健

丹羽慎吾⇒小泉孝太郎

犬塚樹生⇒小日向文世

 

スタッフ

原案:
「下剋上球児」(カンゼン/菊地高弘 著)
脚本:
奥寺佐渡子
プロデュース:
新井順子
演出:
塚原あゆ子
山室大輔
濱野大輝

概要

廃部寸前の弱小野球部の顧問となった南雲修司は、大学まで野球一筋でやってきたものの怪我をきっかけに引退し、30代で高校教師になった。

そんな南雲とともに、野球部再建のために奮闘するのが、野球好き教師の山住香南子。

地元の大地主・犬塚樹生は、「メジャーに行きたい」という野球を頑張る孫のために、高校入学祝いにグラウンド建設までしてしまう。

その他

今回出演する球児役については、半年間のオーディションで決めたそうです。

その様子をU-NEXTが独占で2023年9月10日(日)から配信します。

********************************

2023年7月16日から始まった日曜劇場「VIVANT」。

堺雅人さんが主演ということで、半年以上前から話題になっていますね。

「まるで映画を見ているよう」

「俳優陣が豪華で凄い!TBS、予算大丈夫か?」

などという声で盛り上がっています。

「VIVANT」1話~最終話まではこちら>>「VIVANT」まとめ

********************************

2023年4月の日曜劇場は、『ラストマンー全盲の捜査官ー』というタイトルで、福山雅治さんが主演で、大泉洋さんと共演する刑事ドラマでした。

福山さんの役は、警視庁の盲目のFBIプロファイラーで、大泉さんが反発しつつも、その手足となり犯人を逮捕する相棒役を務めていました。

【主要キャスト】

 

皆実広見(みなみ ひろみ)⇒福山雅治

護道心太朗(ごどう しんたろう)⇒大泉洋

佐久良円花(さくら まどか)⇒吉田羊

護道清二(ごどう せいじ)⇒寺尾聰

********************************

こちらは『Get Ready!』↓ ↓

現在は、2023年1月からは、『Get Ready!』でしたね。

出演者やあらすじは、こちらで紹介しています>>「Get Ready!」 1話~最終話まで

********************************

2022年夏は、綾野剛さん出演で「オールドルーキー」を放送しています。

次回作は、2022年10月から、山崎賢人さん主演で「アトムの童」(アトムのコ)が放送されることが決まっています。

放送は10月16日(日)夜9時からです。

チヨコの放送日予想としては、10月9日(日)からです。

では、「アトムの童」はどのようなドラマなのでしょうか。あらすじとキャストをこ紹介しましょう。

>>「アトムの童」1話から

キャスト

【アトムの童の主要キャスト】

 

安積那由他(あづみ なゆた)⇒山崎賢人

菅生隼人(すごう・はやと)⇒松下洸平

富永海(とみなが・うみ)⇒岸井ゆきの

森田 聡 ⇒ 岡部 大(ハナコ

杉野結衣(すぎの・ゆい)⇒飯沼 愛

井手 大 ⇒馬場 徹

吉崎 誠 ⇒六角慎司

相良 晶 ⇒玄理

安積の過去を知る重要人物の上司役⇒香川照之

「SAGAS(サガス)」の社長・興津晃彦(おきつあきひこ)⇒オダギリ・ジョー

緒方奏絵 ⇒戸田菜穂

小山田賢雄 ⇒皆川猿時

各務英次 ⇒塚地武雅(ドランクドラゴン)

八重樫謙吾 ⇒でんでん

富永繁雄 ⇒風間杜夫

ナレーション : 神田伯山

脚本:神森万里江

演出:岡本伸吾、山室大輔、大内舞子、多胡由章

プロデューサー:中井芳彦

あらすじ

※完全オリジナルストーリィ

安積那由他は、大企業という集団に属せず、たった一人で「ジョン・ドゥ」という名前で天才的にゲームを開発してきた。

誰もその正体を知らないことから“ゲーム業界のバンクシー”とも呼ばれていた。ある事件をきっかけにゲーム開発から離れ、静かに暮らしていたが、老舗玩具メーカー「アトム」とタッグを組むことになった。

 

日曜劇場の今後の予定もわかり次第更新!

2023年10月期は、「下剋上球児」です。

まとめ

日曜劇場は、1956年から続いている歴史のあるドラマ枠で、当初は東芝劇場という名称でした。

各シリーズの平均視聴率は、10%に満たないシリーズもありますが、だいたい10数パーセントという安定した好調ドラマが多いことでも知られていますね。

この時点で不明な点は、また情報が明らかになりましたらUPしてまいります。

では。