佐々木チワワの学歴や本名は?マスクをはずした素顔の顔画像有り!

最近、トー横やパパ活などの問題としてテレビに多く取り上げられている東京歌舞伎町。

そんな歌舞伎町をホームとして活動している佐々木チワワさんという人物が最近話題を集めています。

現役女子大生ライターをしつつ、歌舞伎町関係の話題を取り扱う番組やコーナーなどでコメンテーターとして出演されています。

そんな佐々木チワワさんのことについて学歴や本名、素顔の顔画像などをまとめてみましたので、ぜひ最後までご覧ください!

佐々木チワワさんの学歴や本名は?

佐々木チワワさんは、2000年2月13日に東京都で生まれました。

幼少期の頃には、母親に1,000冊以上の本を読んでもらったことがきっかけで、本が好きになったようです。

その影響で本に興味を持ち、オリジナルの物語や小学校の学芸会で脚本を書いたりしました。

高校1年生の頃に、アルバイトとしてコラム記事や芸能人の記事のライターを始めたそうです。

その頃から歌舞伎町へ行くようになり、ホストにハマり始めました。

【佐々木チワワさんのプロフィール】

 

氏名:佐々木チワワ

本名:非公開

生年月日:2000年2月13日

出身:東京都

血液型:非公開

身長:非公開

学歴:お茶の水女子大学附属高等学校卒、慶應義塾大学総合政策学部卒業

趣味:不明

特技:不明

職業・肩書:現役女子大生ライター

高校卒業後は難関の慶應義塾大学の総合政策学部に進学します。

歌舞伎町でビルから飛び降り自殺をしようとしていた女の子を引き止めた経験から『新宿歌舞伎町の社会学』を学ぶようになります。

書籍化を目指し『週刊SPA!』や『実話ナックルズ』などで夜の街に関する記事を執筆し、2021年に『「ぴえん」という病 SNS時代の消費と承認』(扶桑社)を出版し、単著デビューすることができました。

2024年2月には『ホスト!立ちんぼ!トー横! オーバードーズな人たち〜慶應女子大生が歌舞伎町で暮らした700日間〜』という書籍も出版し、現在も活動中です!

created by Rinker
¥1,485 (2024/05/29 17:07:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

佐々木チワワさんは、お茶の水女子大学附属幼稚園という入園するのに抽選が2回もあり且つ競争率の高い幼稚園に入園します。世のお受験ママさんたちがあこがれる幼稚園です。

そこから約8割の人が附属小学校に進学します。

耳に新しいのは、将来の天皇である悠仁さまが、お茶の水だったということですね。

チワワさんは、高校まで内部進学をします。

【お茶の水女子大学附属幼稚園】

 

偏差値:不明

住所:〒112-0012 東京都文京区大塚2丁目1−1

出身有名人:永井荷風(小説家)、緒方四十郎(日本銀行元理事)、藤井裕久(元大蔵大臣)、江戸京子(ピアニスト)、戸田奈津子 (映画字幕翻訳、通訳)

【お茶の水女子大学附属小学校】

偏差値:不明

住所:〒112-0012 東京都文京区大塚2丁目1−1

出身有名人:福田和也(映画評論家)、内田光子(ピアニスト)、上水口姫香(タレント・アイドル)、脊山麻理子(アナウンサー)

【お茶の水女子大学附属中学校】

 

偏差値:72

住所:〒112-0012 東京都文京区大塚2丁目1−1

出身有名人:佐藤玲(俳優)、橋詰彩季(アナウンサー)、杉山真也(アナウンサー)、奥田誠治(映画プロデューサー)

【お茶の水女子大学附属高等学校】

 

偏差値:78

住所:〒112-0012 東京都文京区大塚2丁目1−1

出身有名人:せなけいこ(絵本作家)、阿部知子(衆議院議員)、宮本百合子(小説家)、山口果林(俳優)

【慶應義塾大学総合政策学部】

 

偏差値:70

住所:〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤5322

出身有名人:駒崎弘樹(フローレンス代表理事)、向田麻衣(社会起業家)、藤井靖大(放送作家)、内藤稔(通訳)

幼稚園、小学校の頃は母親に本を読み聞かせしてもらい、小学校の学芸会で脚本を書いたこともあるようです。

また、中学生時代にはエヴァンゲリオンにハマってヲタクをしていたようでした!

しかし高校生の頃は、記事を執筆をするために芸能人への取材をたくさんしていたので、頻繁に学校を休んでたようです。

小中高の一貫校なので、「将来のことを考えると、学校の授業は必要ないじゃん」と思っていたこともあったとのことでした。

そして、高校1年生の18歳の頃に歌舞伎町へ行き、ホストクラブへ行ったようです。

そこで、モラハラホストにハマり自己肯定感とお金を削られてしまったようで、限界突破してしまったと言います。

そんな時に歌舞伎町でビルから飛び降り自殺をしようとしていた女の子を引き止めたことがきっかけに『新宿歌舞伎町の社会学』を大学へ進学後学ぶようになりました。

現在は、慶應義塾大学総合政策学部を卒業し、自身の書籍出版やコメンテーターをして活動しています。

なお、佐々木チワワさんの本名は、公表されていませんでした。

SNSやネットでも特定に至っている人もいませんでした。

なぜ、佐々木“チワワ”なのでしょうか?

その名前の由来も残念ながら、公開されていませんでした。

チワワが好きなのか、チワワを飼っているのか…とにかく、チワワという名前はセンスありますね!

本人の雰囲気にも合っていてかわいいですよね!

佐々木チワワさんのマスクをはずした素顔の顔画像と整形について

↑ ↑ チワワさんが素顔で出ています。

佐々木チワワさんは、どの写真も基本的にマスクをしています。

なぜマスクをして活動をしていたのかをYouTube上で整形密着されていた動画内で話されていたので、まとめてみました。

①将来が決まっていない状態で『歌舞伎町でホスト待ってるっす☆』という感じで出すか、将来的に何のキャリアを決めていなかったため

②自分自身がトー横を歩いたり、夜の街で遊んで潜入取材するためにマスクをしていた

③顔面コンプレックスがある方だったので、顔を晒して活動したくなかった

主にこの3つがマスクをして活動をしていた理由のようです。

整形をしようとしたきっかけは、ライターをしていて『自信を持てるような顔で判断されたい』ということでした。

マスクを外して活動することがあれば、自信を持てる表情で対応したいからとのこと!

素敵な整形理由ですよね!

まとめ

今回は、佐々木チワワさんのことについて学歴や本名、素顔の顔画像などをまとめてみました。

この記事を簡単にまとめると、

・佐々木チワワさんは、本名は公開されていない

・高校1年生の頃にライターとして活動、同時期に歌舞伎町へ遊びへ行き、ホストの世界へ

・約2ヶ月前に整形をしており、今後はマスクを外しての活動も期待…?

以上です。

佐々木チワワさんが取り上げているような話題は、なかなかディープなので踏み込めないという人も多いのではないでしょうか?

自身の体験談も含めて執筆をしているので、見ていると社会勉強にもなると思います。

皆さんもお時間があれば、書籍やブログなど見てみてくださいね!