武田真理恵のwikiプロフ!ラッピング教室の料金について!結婚した旦那はいる?

ラッピングでTVチャンピョンで優勝したことのある武田真理恵さん。

現在どのような活躍をされているのでしょうか。

チヨコ・デリ

手先がブキなチヨコは、物をキレイに包める武田さんのような人にあこがれるワ!

今回は、武田真理恵さんにフォーカスしてみました!




武田真理恵さんのwikiプロフ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marie Takeda(@mariefactory)がシェアした投稿


武田真理恵さんは、ラッピングコーディネーターとして全国あちこちから講演依頼があり飛び回っている方です。

そんな武田さんのプロフィールをまずご紹介しますね!

【武田真理恵さんのプロフィール】

 

氏名:武田真理恵(たけだ まりえ)

愛称:まりりん

生年月日:1970年3月13日

出身:埼玉県草加市

学歴:越谷南高校卒、東京成徳短期大学卒

起業:

1996年:MARIE FACTORY開始

2003年:ラッピング教室MARIE FACTORY設立(埼玉県越谷市)

肩書:

・ラッピングコーディネーター/講師
・おもちゃコンサルタントマスター
・元幼稚園教諭
・モンテッソーリ教員ディプロマ
・スタンプ&スクラップブッキングアドバイザー
・ステッカーアートアドバイザー

血液型:A型

受賞歴:1999年12月 TVチャンピョン

 

 

▲「ハローミキティ」にも出演されていますが、ラッピング技術だけでなく、子供が興味をもちそうなおもちゃまで手作りできてしまうんですねー!

それにしても、武田先生は、偉そうでなく、ごく自然体で親しみやすい人のようにお見受けします。

それもそのはず、プロフィール欄でも記載していますが、元幼稚園教諭なんです。

ですから、子供の扱いやそのお母さん世代とのコミュニケーションの取り方をよくご存じなんですね。

チヨコ・デリ

チヨコも武田さんのことを調べているうちに、この人とまるで昔から友達のような気がしてきたのヨ!しかも、箱の包み方を見ていて、きっちりと客の目の前で包む高島屋デパートを思い出したの。そうしたら、ご両親のお勤めが高島屋だったのですって!




武田真理恵さんのラッピング教室の料金について!

では、次に武田真理恵さんが主宰している教室について調べてみましたのでお知らせします。

武田さんのアトリエでのレッスンの申込み方法は次のとおりです。

★まりりんの気まぐれ日記>>https://ameblo.jp/mariefactory/entry-12566508929.html?frm=theme

 

 

このサイトの右下の「テーマ」の欄の「教室・イベント案内」に入ると、次回の教室の案内があり、文章中に申込案内があります。

 

★MARIE FACTORY >>https://mariefactory.jimdofree.com/

 

このサイトのホーム画面の中の「今月のアトリエレッスンはこちら」から入る

 

 

 

料金:その時に制作するものによってレッスン料は変わりますが、おおよそ3,800~4,000円くらいのようです。税込みか材料費込みかは不明でした。

 

アトリエの場所:埼玉県越谷市内ですが、申込が確定してから詳細について連絡される方式です。

 

武田真理恵さんと結婚した旦那はいる?

武田真理恵さんが結婚しているという情報は見つかりませんでした。

独身という情報はありました。

▼SNSを見ると、食事もしっかり作っておられるのだから、結婚されているのかなと思い探したのですが、旦那さんがいるような情報はありませんでした。

また、現在独身でも、突然「結婚!」ということはあり得ますので、またわかりましたら記事を更新したいと思います。




まとめ

ラッピングの世界って楽しいですネ~。

プレゼントをもらった時のワクワクみたいに、プレゼントをラッピングする時もワクワクするんですよね。

女性は特に、可愛い包装を見ただけで(中身が何かわからないうちに)「可愛い~💛」と思うものです。

中にはゼッタイに可愛い物が入っている~!と思います。

そして、包みを開ける時の半端ないワクワク感!

中身を見て再び「可愛い~💛」。

ラッピングで2度も可愛い~💛と喜んでもらえる、そんなことがラッピングはできるのです。

ラッピング技術、知っておきたいと思いませんか?

最後に、

教室には行けないけど、ラッピングについて知りたいという方には、武田先生が本を出されていますのでご紹介します。

>>ラッピングとカード

>>イベント ラッピングとカード

>>紙の工作大百科

武田先生の今後のますますのご活躍を期待しています!

では、最後までお読み下さりありがとうございました!