生島勇輝の経歴と学歴!結婚した彼女はいる?仮面ライダーの役柄が面白い!

俳優やリポーターとして活躍されている生島勇輝さん。フリーアナウンサーの生島ヒロシさんのご子息です。

このたび、30代半ばで仮面ライダーに出演することが決まり、話題となっています。今回は、そんな生島勇輝さんに焦点をあててみましたヨ!

生島勇輝さんの経歴と学歴!

生島勇輝さんは、ご存じ生島ヒロシさんのご子息です。

チヨコ・デリ

チヨコはもう何年も、生島ヒロシさんのTBSラジオ「おはよう定食」は朝5:30から毎朝聞いています。

そんな生島ヒロシさんにご子息が二人いらっしゃることは知っていました。

ご長男が生島勇輝さんです。

【生島勇輝さんのプロフィール】

 

氏名:生島勇輝(いくしま ゆうき)

生年月日:1984年4月4日

出身:東京都

学歴:暁星高校卒、玉川学園芸術学部卒

身長:177cm

体重:68kg

計液型:A型

特技:英語、ラップ、和太鼓

事務所:ケイダッシュ

 

有名人の子どもは、良いのか良くないのか、どっちでしょうね。

何か自分で成し遂げても、「親の七光り」とか言われてしまうし、成し遂げられなければ、「〇〇さんの子どもなのに・・」などとも言われてしまう。

そんなの関係ネェ、と割り切っている人もいれば、割り切れない人もいるし。生島勇輝さんはどうなのでしょう。

俳優として2012年頃から活動していますが、知名度はまだまだです。というか、ご本人は、ガツガツしているように思えないのですけど。それは恵まれた家庭環境だからなのでしょうか。

主な出演作品

【映画】

2012年:はやぶさ 遥かなる帰還、鐘楼のふたり、

2013年:図書館戦争、スターティング・オーヴァー、ガチバンエクスペンデッド

2014年:バスジャック、相棒劇場版Ⅲ、闇金ウシジマくんPart2、花蓮

2015年:山本慈昭 望郷の鐘 満蒙開拓団の落日

 

【TVドラマ】

2013年:私は代行屋!(レギュラー)

2014年:緊急取調室(レギュラー)

2020年:仮面ライダーセイバー(レギュラー)

本当はラッパーになりたかった?

生島勇輝さんは、大学在学中に留学をして英語がペラペラになったのだとか。アメリカで生活している間にラップが特技となり、大学卒業後は、ラッパーになりたかったようです。

が、父親の生島ヒロシさんに大反対され、アナウンサーにもトライしてみたのですが、結局、父親の会社にタレントとして配属となります。

まぁ、アメリカ行って大学出てラッパーというのも、親としては納得いかないかもしれませんね。どうも、ラッパーの職業としての地位が日本ではまだ認められていないような気がします。

職業は別にもち、特技としてラップができるという方が、「そうか」と納得できるものがあります。

まぁ、それはあくまでチヨコの価値観で、押し付けはできないですけどネ。

学歴について!

生島勇輝さんは、私立暁星高校を卒業されています。

この高校は、毎年東大に数名現役合格者を輩出し、医学部には全体の約40%の人が合格するという進学校です。

入学するのには、英才教育を施さないとなかなか合格しない高校です。

一方玉川学園は、豊かな自然に囲まれた環境にあり、比較的裕福な家庭の子弟が進学する大学で、落ち着いて穏やかな校風です。

生島勇輝さんは、途中で留学しましたが、きっと、のびのびと自由に過ごしたのでしょうね。

生島勇輝さんの結婚した彼女はいる?

生島勇輝さんは、俳優としての活動は、1年に2~3本くらいのドラマ等に出演されていますが、レギュラーでなく単発な作品が多い状況です。

サラリーマンでいうと、バシバシ鍛えられて責任も出てくる年代なので、俳優としてもっともっと頑張ってほしいところ。

そうやって年収を稼ぎ、役者としても同時に成長する過程で、彼女が出来て結婚するというストーリィがいいなぁと勝手に思っています。

といいつつ、年齢からすると結婚していてよいお年頃。

でも、ツイッターなどSNSを見ても、女性がいるような雰囲気がありません。

プライベートな発信はしないように心がけているのかもしれませんが、それにしても何年も隠し通せるかどうか・・・もしかしたら、本当に独身なのかもしれません。

このへんは、わかり次第また記事を更新したいと思います。

生島勇輝さんの仮面ライダーの役柄が面白い!

 

この投稿をInstagramで見る

 

#生島勇輝 #俳優 #仮面ライダーセイバー

@ nyanko.28がシェアした投稿 –

2020年9月6日からスタートする「仮面ライダーセイバー」に、「仮面ライダーバスター」として出演することになった生島さん。

役どころは、何と!子育て中のイクメンライダーなんです!!

ご本人、子育ての経験があるのでしょうか?結婚しているのでしょうか?前述のとおりそのような情報がまったくないので、独身だけど子育て中の役が来た、ということになるのかもしれません。

見た目は、落ち着いていて、いかにも子育て経験がありそうなのですけど。

ご本人は、その役が回ってきたとき、あまりの出来事に驚き、我が耳を疑ったのだそう。まさか36歳になって、ライダーの役が来るとは思ってもみなかったそうです。

仮面ライダー役は、イケメンでカッコ良くないとなれない役ですからね。

代々のライダーは、皆、イケメンでした。

生島さんも、渋いイケメン!

ライダーの衣装を付けたら、ゼッタイにりりしいと思いますヨ。

史上初の子持ちライダー、子育てライダーとして、頑張ってもらいたいと思います。

まとめ

いかがでしたか?

渋カッコイイ生島勇輝さんについて、経歴や学歴、結婚や彼女のこと、出演される仮面ライダーの役などについて書かせていただきました。

まだ代表作といえるものがないと思いますので、仮面ライダー、頑張って欲しいと思います。

これからもますます渋くカッコイイ俳優さんになってください~。

では、最後までお読みくださりありがとうございました!