吉永みち子の経歴や評判は?結婚した旦那や息子、家族について!

ノンフィクション作家で騎手の故吉永正人さんの元妻であり、現在はTVのコメンテーターとしても活躍されている吉永みち子さん。

才媛で知られており、経歴などをいつか知りたいと思っていました。

この度「徹子の部屋」に出演されるということなので、この機会に吉永みち子さんに焦点をあててみましたヨ!

吉永みち子さんの経歴!

大学卒業後、競馬新聞「勝馬」の新聞記者となった吉永さん。日本初の女性競馬新聞記者だそうです。

その後、人気騎手と結婚し、専業主婦時代を経て、著書「気がつけば騎手の女房」を発行。それが大宅壮一ノンフィクション賞を受賞したことにより一躍有名人に。

【吉永みち子さんのプロフィール】

 

氏名:吉永みち子

本名:鈴木みち子

生年月日:1950年3月12日

出身:埼玉県川口市

血液型:

身長:

学歴:埼玉県立浦和第一女子高校卒、東京外国語大学外国語学部インドネシア語学科卒

趣味:

肩書:公益財団法人民間放送教育協会会長、 映画倫理委員会副委員長、日本年金機構理事

受賞歴:

1983年:「優駿エッセイ賞」最優秀作

1985年:第16回大宅壮一ノンフィクション賞受賞

吉永みち子さんは、当時、騎手として「無冠の帝王」とも呼ばれ、逃げか追い込みが印象的だった人気騎手の吉永正人さんと結婚され、一男をもうけています。

吉永正人さんは再婚で、すでにお子さんは3人いらっしゃいました。

【主な著書】

created by Rinker
¥279 (2022/12/10 12:54:01時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
中央公論新社
¥1,540 (2022/12/10 12:54:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,980 (2022/12/10 12:54:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1 (2022/12/10 12:54:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,200 (2022/12/10 12:54:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

母子家庭で育った吉永さんは、中学生の時に家計を助けようとして、アイドルタレントになるべくワタナベプロダクションのオーディションを受けて合格したことがあるそうです。

そもそも吉永さんが生まれた時に、父は60歳で結核。母は40歳だったとか。

高校時代もバイトをして母親を助け、母親からは「母子家庭だからこそしっかり勉強しなさい。」という主旨のことを言われ、学業は極めて優秀。

埼玉県内の女子高で進学率トップの浦和第一女子高校を卒業し、東京外国語大学に進学します。ちなみに埼玉県では、公立の進学校は男女別学となっています。

そして、大学時代に競馬に興味をもち、大学卒業後は競馬新聞を発行している立馬株式会社に就職。そして記者となります。

吉永みち子さんの評判!

良いというものや悪いというものなど、様々なコメントが来るということは、それだけ関心をもたれているということでしょうね。

吉永みち子さんの結婚した旦那や息子、家族について!

前述のとおり、吉永みち子さんは、当時人気だった騎手で9歳年上の吉永正人さんと結婚されています。

正人さんは再婚で3人の子持ち。みち子さんは初婚。

結婚後、息子さんを一人授かります。なのでお子さんは計4人に。

一時期、みち子さんのお母様も入れて家族7人でしたが、やがて正人さんと離婚。

理由は、友達関係に戻りたかった、ということのようです??

離婚後、家族は解体となりましたが、仲が悪くなったわけではないので、正人さんはじめ子供たちとは関係を続けていたということです。

騎手・調教助手の吉永護さんは、正人さんの前妻との間に生まれた子供だそうです。

正人さんは、晩年は胃癌で2006年に亡くなっていますが、最期まで看病で寄り添っていたそうです。

まとめ

ノンフィクション作家で、TVでコメンテーターもやられている吉永みち子さんについて、経歴や評判、旦那さんのことや家族等について書かせていただきました。

TVのコメンテーターは、一つのコメントに対して様々な評価がなされます。

吉永さんのように、コメントがたくさん来るということは、世間で良いも悪いも関心をもたれているということでしょう。

テレビ局としては、そういう人は特別な事情がない限り、使いたいのだと思いますヨ。

吉永さんは、28年間もモーニングショーの時間帯でコメンテーターをやられていたんですね。そして、その次の帯に放送される番組「大下容子ワイドスクランブル」の火曜日コメンテーターになられました。

TV局の意図はわかりませんが、どこの番組に行っても、活躍を期待したいですね。