宮川大助 花子の現在は?病気は大丈夫?娘や弟子が気になる!

夫婦漫才で人気の宮川大助 花子さん。

テンポの良い漫才で、会場をいつも沸かせていましたが、数年前に花子さんが体調を崩し、心配している人も多いと思います。

そんな宮川大助 花子さんコンビは、現在どういう状況になっているのか気になりましたので、今回はお二人に焦点をあててみましたヨ!

宮川大助 花子さんの現在は?

上のツィートのように、宮川大助・花子さんは、しばらく花子さんの闘病により夫婦漫才をお休みしていました。しかし、2023年5月現在、復活させています

何だかうれしいですね。

お客さんだけでなく、大助さんが一番喜んでいるみたいです^^!

【宮川大助・花子さんのプロフィール】

 

氏名:宮川大助(みやかわ だいすけ)

本名:松下 孝美(まつした たかみ)

生年月日:1949年10月3日

出身:鳥取県境港市

血液型:B型

身長:179cm

学歴:鳥取県立米子工業高等学校電波通信科卒

趣味:オーディオ・DVD鑑賞、山登り、マラソン

職歴:三菱電機⇒松竹芸能養成所⇒芸人⇒スーパーの警備員⇒芸人

 

氏名:宮川花子

本名:松下 美智代(まつした みちよ)

生年月日:1954年8月28日

出身:大阪市

血液型:AB型

身長:160cm

学歴:高校卒

趣味:手芸、映画・舞台鑑賞、マラソン

職歴:警察官⇒芸人⇒警備会社でスーパーの万引きGメン

【受賞歴】

 

2011年:第61回文化庁芸術選奨 文部科学大臣賞大衆芸能部門

2017年: 紫綬褒章 ※大助・花子それぞれ受章

created by Rinker
¥1,485 (2024/04/21 05:49:56時点 Amazon調べ-詳細)

ここでお二人の出会いをちょっとご紹介しますね。

二人は警備会社の1年先輩と後輩という立場で出会います。

上の職歴のとおり、二人ともその前に芸人になろうとした過去があり、大助さんは花子さんにコンビ結成を誘われ、二人は警備会社に籍を置いたまま、芸人としての活動を開始。1976年のことでした。

そして、1976年4月に二人は結婚します。

そして、1979年から吉本興業に所属しますが、その年から第10回NHK上方漫才コンテスト 優秀努力賞を受賞するなど、毎年のようにお笑いの賞を受賞するほど大人気漫才コンビとなります。

チヨコ・デリ

漫才だけでなく、俳優としてもテレビでよくお見掛けしていました。

\U-NEXTで試行期間31日間は無料で視聴できる/

↓ ↓ 試行期間中でも600ポイントもらえる! ↓ ↓

宮川大助さんの出演作品を観る

宮川花子さんの出演作品を観る

また、CMにも多数出演されていて、特にチヨコは、焼きビーフンのCMを見てから、ビーフンが大好きになっています。

宮川花子さんの病気は大丈夫?

順風満帆にお仕事をこなしてきたお二人ですが、それぞれ大病を患っています。

大助さんの場合

2007年2月5日に、軽度の脳出血により入院し、同年5月24日まで加療のため休業。

花子さんの場合

1988年に胃癌。

2019年1月に多発性骨髄腫となり、6月に入院し抗がん剤治療を開始。2000年4月に退院

2022年10月、治療の副作用で心不全を起こし3日間意識不明になる。

 

も~大変でしたね。

大助さんも花子さんも、お二人とも無理せずこれからも健康には十分に注意して活動して欲しいです。

宮川大助 花子さんの娘や弟子が気になる!

宮川大助さんと花子さんは、1976年4月に結婚し、1978年3月に長女・紗弓(さゆみ)さんが誕生します。

さゆみさんは一人っ子です。

さゆみさんは、横山やすしさんの次女の木村ひかりと「さゆみ・ひかり」という漫才コンビを結成しています。

この二人の漫才界のサラブレッドぶりもスゴイですね。

現在、ひかりさんは結婚されてお子さんもいらっしゃいます。

二人の師匠は、宮川大助・花子さんということです。

他に宮川大助・花子さんに弟子入りしたのは、宮川たま子さん、宮川隼人さんです。

隼人さんの方は、もう芸歴30年以上になるのですね。

まとめ

今回は、夫婦漫才の宮川大助・花子さんについて、現在どうされているのか、花子さんの病気の状況はどうなのか、また、お二人のお子さんやお弟子さんのことなどについて、まとめてみました。

宮川大助さんと花子さんは、それぞれ師匠が異なるそうですね。

大助さんは、スーパーの警備員になる前に、4代目宮川左近さんに入門したそう。

一方、花子さんは、警察をやめてから、チャンバラトリオに入門したとのことです。

師匠は異なっても、それぞれの場所で芸人を一度やめて、警備の仕事に就いた先で出会うのは、まさに運命的な出会いだったわけですね。

大助さんは、花子さんのことを「なんでこんなにキレイなのか」と今でも言っているということですし、花子さんが大変な時は、介護をされていたということです。また、大助さんが倒れた時は花子さんは、心中を覚悟した、とも。

お二人はこの先も夫婦でいて欲しいですし、かかあ殿下的な勢いのある花子さんとの漫才をこれからもまた楽しみにしたいですよね。