片岡信和の筋肉が凄い!出身高校と大学はどこ?イケメンだけど結婚する彼女はいる?

俳優として活躍している片岡信和さん。

いつの間にか難しい試験をパスして、気象予報士になって、『羽鳥慎一モーニングショー』に出演していました。

今回は、イケメンであり、且つ頭脳明晰が判明した片岡信和さんについてフォーカスしてみましたヨ!

片岡信和さんの筋肉が凄い!

まず、片岡信和さんを検索すると、「筋肉」とか「腹筋」という言葉が出てきます。

何でだろうと思いインスタなどの写真を見ると、

確かに凄い筋肉の持ち主。

鍛えてあるーー!って感じ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shinwa Kataoka(@shinwakataoka)がシェアした投稿

腹筋バキバキに割れていますね。

家で毎日腹筋を1000回やっているそうです。

せ・・せんかい!?

スゴイですよね。

でも、片岡さん曰く、歯磨きと同じように習慣にすればいいそう。

いや、ですが、相当の覚悟が必要。

チヨコ・デリ

やっぱ上を目指す人は、覚悟が違うのよね。何でもそうよ。

だから立ち姿もサマになっている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shinwa Kataoka(@shinwakataoka)がシェアした投稿

▲婚活中の男子は必見ですね!

こういう格好している男性が婚活パーティーでもてるんですヨ!

片岡信和さんの出身高校と大学はどこ?

さて、片岡信和さんの筋肉が凄いことはわかったとして、

次は彼の出身校についてですが、その前に彼のプロフィールについてここでご紹介しましょう。

【片岡信和さんのプロフィール】

氏名:片岡信和(かたおか しんわ)

生年月日:1985年7月30日

出身:東京都

学歴:中央大学総合政策学部卒

身長:183cm

体重:?

血液型:B型

趣味:ピアノ、写真、読書、ダーツ

特技:野球

職業:俳優

資格:気象予報士

事務所:MYS

 

上に記載のとおり、大学は中央大学です。

【中央大学総合政策学部】

 

所在地:〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1

出身有名人:競泳の石橋千彰選手、女優の今村雅美さん、あやまん監督

中央大学出身の有名人はかなり多いのですが、学部までは記載していない方が多く、他にも同部出身者は多数いらっしゃるはずです。

なお、片岡さんの出身高校については公表されていませんでした。申し訳ありません。

またわかりましたら記事を更新いたします。

【主なTVドラマ出演作品】

 

2007:BOYエステ(テレビ東京)

2008:炎神戦隊ゴーオンジャー(テレビ朝日)

2010:日曜ナイトドラマ「女帝薫子」

2011:告発~国選弁護人

2011:戦国★男士(テレビ神奈川)

2012:京都地検の女(テレビ朝日)

2013:おトメさん

2015:新・牡丹と薔薇

2017:連続テレビ小説 ひよっこ

これらは単発でなく、シリーズとして出演していたもので、他に単発ドラマは多数あります。

刑事・事件もので、イケメンさんが出てきたら、まず片岡さんではないかと思ってみてくださいネ!

 

片岡信和さんはイケメンだけど結婚する彼女はいる?

片岡信和さんと今まで噂になった人といえば、

はりせんぼんの近藤春奈さん。

ある番組の中で「好きです」と言いました。

でも、その後別のところで「恋愛感情はない。」とも。

春奈さんの肌がキレイなのを褒めた流れで「好き」と言ったけれど、恋人としてはどうかというと、「恋愛感情はない」ということなのですね。

その後、2008年に炎神戦隊ゴーオンジャーで共演した逢沢りなさんとも噂になりましたが、その後も別の番組で共演していましたが、進展したという話がないということは、ただの噂だったのでしょうね。

私が調べた結果では、2020年5月現在、

片岡信和さんは、SNSなどで小まめに情報を発信していらっしゃいますが、結婚している様子はありませんし、特定の彼女がいることもうかがえません。

でも、こんなイケメンさんなので、

いつ電撃的に結婚!なんてわかりませんよね。

相当モテると思います。

▼ピアノだって弾けちゃうのですから・・・もうメロメロですね。

まとめ

片岡信和さんの筋肉が凄いことや学歴・経歴・彼女のことなどをまとめさせていただきました。

改めて片岡さんのSNSを見ると、どこから見てもイケメンだなぁと感心します。

そして、朝の番組にふさわしい爽やかさがあり、また、立ち居振る舞いも安心感があります。

羽鳥慎一モーニングショーも、朝にふさわしい気象予報士を配置しましたネ!

多才な片岡さんですが、まだ先のことだと思いますが、いずれ俳優としても是非、イケメンのイメージを壊すような、これという代表作を作ってほしいと思います。

でも、イメージ壊さないで、という気持ちもあるのヨ。

今後ますますの活躍を期待して応援しましょう!

最後までお読み下さりありがとうございました!