伍代夏子の若い頃!病気の現在の状況は?結婚した旦那さんに養子がいる?

演歌歌手の伍代夏子さん。

俳優の杉良太郎さんの奥さんですね。

しばらく見かけないと思っていたら、ご病気で休養していた時期があったようです。今度「徹子の部屋」に出演されるというので、今回はこちらでも伍代夏子さんに焦点をあててみましたヨ!

伍代夏子さんの若い頃!

↑ ↑ 伍代夏子さんです。

今と雰囲気は違いますが、可愛さや美人度は変わらないですよネ。

伍代さんは、デビューしてから4回目の改名で伍代夏子さんになりました。

【伍代夏子さんのプロフィール】

 

氏名:伍代夏子(ごだい なつこ)

本名:山田輝美

生年月日:1961年12月18日

出身:東京都渋谷区

血液型:

身長:160cm

学歴:渋谷区立富谷小学校卒、渋谷区立上原中学校卒、鷗友学園女子高等学校卒

趣味:カメラ、料理

性格:竹を割ったような性格で、情に厚く親孝行であり、相手に細やかな神経

事務所:株式会社ボイスミュージック

肩書:日本和装ホールディングス、メインステージ社外取締役

その他:

2012年:肝炎対策特別大使(by厚労省)

2018年:特別防犯支援官(by警察庁)

 

伍代さんは、高校在学中にディスコで知り合った男性から芸能関係者を紹介され、歌手へのきっかけをつかみます。

高校生でディスコ(今でいうクラブ)に行く、というのも、どういう状況なのかな?とは思うのですが、当時はディスコが青年たちの社交場であったことは確かです。

そして、1982年7月に「恋の家なき子」でデビューします。

1982年7月7日:星ひろみ「恋の家なき子」

1985年8月5日:加川有希「ロマンティックしましょう

1986年7月21日:中川輝美「夢きずな

1987年9月21日:伍代夏子「戻り川」

「戻り川」は35万枚を超すヒットとなり、日本有線大賞などを受賞しました。

1988年:「第21回日本有線大賞」

1988年:「第21回全日本有線放送大賞」最優秀新人賞を受賞。

そして、1990年には、「忍ぶ雨」で『NHK 紅白歌合戦』に初出場を果たしました。

created by Rinker
¥250 (2023/02/03 18:20:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥250 (2023/02/03 18:20:41時点 Amazon調べ-詳細)

伍代夏子さんの病気の現在の状況は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

伍代夏子(@natsuko_godai_official)がシェアした投稿

伍代夏子さんとしてデビューしてからは、これまで通算して紅白歌合戦に20回以上出場するなどの活躍をされています。

そのような中、1994年、32歳の時に、C型肝炎のキャリアーであることがわかりました。原因はわかっていません。

伍代さんは、それから毎月、血液検査を続け、肝機能の値をチェックしていました。

そして2009年、C型肝炎に効く薬ができたことから、治療を開始します。

公表は、2010年8月。

治療は、週一回、ペグインターフェロンの注射と飲み薬で治療を続け、髪が抜けたり疲れやすくなったりと、思った以上に大変な闘病だったようですが、芸能活動は続けていました。

そして、2011年6月、最後のインターフェロンの投与で、治療が終わり、再びウイルスが出てきていないことが検査で確認されました。医師からは、治療の成功が告げられたそうです。

 

そうした経緯もあり、2012年に厚生労働省により「肝炎対策特別大使」となっています。

 

そして伍代さんは、約10年後の2021年3月に、今度はジストニアによる「けいれん性発声障害」を患っていることを公表しています。

ジストニアは、自分の意志とは関係なく筋肉が動いてしまう病気。それが歌手の生命に係る喉にきてしまったんですね。

ただ、伍代さんは、半年後には歌謡祭で熱唱しています。

この病気は、ストレスなども影響するらしいですね。

そのストレスから逃れるために、医師からは、

「どんなこともこうしなければならないっていうことはありません。それをあなたの場合は自分でこうしなければならないと決めていて、自分で自分の首を絞めています。だからそれを取らないとこのストレスからは逃れられません」https://otokaze.jp/topic/36292

と言われたそうです。

現在、伍代さんは、今後も「声が出なくなるとは思わず、歌っていこう」と仰っています。

2022年10月からは、NHKの「らじるラボ」で水曜日のレギュラーとして活躍しており、何とかストレスが軽減され、早く良くなることが期待されます。

伍代夏子さんの結婚した旦那さんに養子がいる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

伍代夏子(@natsuko_godai_official)がシェアした投稿

伍代夏子さんを検索すると「養子」と検索ワードが出てきます。

これは調べてみると、伍代さんが養子をとったということではなく、結婚された杉良太郎さんに養子がいる、ということのようです。

伍代夏子さんは、1999年に杉良太郎さんと結婚されています。

知り合ってから交際1カ月で結婚しました。それまで毎日電話でデートをしていたようです。

杉良太郎さんといえば、熱心な福祉活動でも知られていますね。結婚されてからは、伍代さんも杉さんとともに熱心に活動されています。

そんな杉さんは、芸能界に入る前の15歳の頃からボランティア活動を続けており、有名になってからもますますボランティア活動を熱心に行い、150人を超えるベトナムの孤児たちの里親になっているのだそう。

そのことを養子ということでネットで広まったのだと思われます。

伍代さんと杉さんの間にはお子さんはおらず、杉さんには前妻との間に子供が3人います。

まとめ

伍代夏子さんの若い頃や現在の様子、病気のことや養子のことなどについて書かせていただきました。

C型肝炎については、近年は、ピアスやタトゥーの針の使い回しが原因とみられる若者の感染も目立つそうです。

ということは、防ぐこともできるので、安易なピアスやタトゥーはやめましょう。

もともと体に何か処置するのは医師法で定められている人しかできないことですから、余計に注意が必要ですよね。

伍代さんの病気の経験を調べていくうちに、ずいぶんと教えられました。

これからは、体に気を付けて活躍されることをお願いしたいですね。

チヨコは個人的には、頼りになる旦那さんがいて、何よりもうらやましいです。

では、最後までお読みくださりありがとうございました。