平浩二の経歴プロフィール!入院して現在の病状は?元妻が気になる!

「バス・ストップ」で一世風靡した歌手の平浩二さん。

現在も歌手活動を続けていらっしゃいます。

ここでは、平浩二さんの経歴プロフィールや最近病気をされたということなので現在の状況、元妻のことなどについて情報を集めてみました。

平浩二さんの経歴プロフィール!

平浩二さんは、6人姉弟の長男として佐世保で生まれ育ちます。

お父様は造船関係の仕事に就いていました。

当時の御三家(西郷輝彦、舟木一夫、橋幸夫)のファンだった姉の影響で、音楽に興味をもち、中学時代に吹奏楽部でパーカッション担当。続いて高校時代も吹奏楽部で活躍しました。

高校を卒業すると、大阪の電機会社に就職して寮生活を始めましたが、半年くらいで「やはり歌手になりたい。」と父親に相談し、仕事を辞めて、父親のツテで東京の作曲家の内弟子になります。

1967年のことでした。

【平浩二さんのプロフィール】

 

氏名:平浩二

本名:平 頼敏(たいら よりとし)

生年月日:1949年1月23日

出身:長崎県佐世保市

血液型:

身長:

学歴:県立佐世保工業高校

趣味:ゴルフ、映画鑑賞

特技:柔道初段

事務所:ナインプランニング

その後、キャバレーでボーカル見習いになり、銀座のバンドボーイになり、ナイトクラブの専属になるなどして下積み時代を過ごし、1969年に「なぜ泣かす」でデビューします。

上京から2年後でした。

さらにその3年後の1972年に「バス・ストップ」が大ヒットします。

created by Rinker
¥2,150 (2024/03/02 16:20:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
夢レコード
¥1,178 (2024/03/02 16:20:18時点 Amazon調べ-詳細)

平浩二さんの経歴を調べてみると、上京してから歌手としてヒットを出し現在までに、家が変化しているんですね。

最初は作曲家の安藤実親氏の内弟子⇒新大久保のアパート⇒杉並区のアパート⇒「バス・ストップ」のヒットにより同アパートにもう一部屋借りて佐世保の家族を呼び寄せ⇒結婚して世田谷区若林のマンション⇒府中市の一軒家を購入⇒同家を3階建てにリフォーム

順調に活躍されています。

平浩二さんの入院して現在の病状は?

平浩二さんは、2021年4月5日にコンサートのトーク中に頭痛を訴えて病院に救急搬送され、クモ膜下出血で緊急手術を受けました。

そして翌月の5月17日にコンサートで復帰。

早かったですね。

具合が悪くなった時に周囲に人がいて、救急搬送されたことがきっと良かったのでしょう。

平さん、ツイてます!

現在は、体調も良いということです。ホントに良かったですね。

これからも健康には気をつけて欲しいと思います。

平浩二さんの元妻が気になる!

さて、平浩二さんを検索すると「元妻」という検索ワードが出てきます。

平さんは、離婚したの?と思ってしまいましたが、「元妻」という情報はありませんでした。

ということは、平さんは、1980年に結婚しているのですが、奥さんとは現在も続いているということです。なぜこれが検索ワードになっているのかはわかりませんでした。

平さんが21歳頃、奥さんが中学生の時に初めて知り合ったということで、奥さんは平さんの歌声に惹かれてファンだったそうです。

やはり歌詞の意味がわからなくても、年齢に関係なくファンになりますよね。

知り合ってから、10年ほど?交際し、1980年に結婚。

その後、二人のお子さんに恵まれ、お孫さんもいるそうです。

まとめ

今回は、「バス・ストップ」で有名な平浩二さんについて、経歴や病気のこと、元妻って誰のことなのか等についてまとめてみました。

チヨコは小さい頃、この歌を歌っている平浩二さんをTVで見たことがあります。何かぐっと来る歌だなぁと感動した覚えがあります。

叔母の部屋からも、この曲が流れてきて、チヨコも大好きな歌になりました。

言葉の意味はわからなくても、平さんの歌い方がジワ~と来るんですよね。聞く人の年齢なんて関係ありません。

こんな大人っぽい歌が好きなのはチヨコくらいなのかな、と内心思っていたら、後で同級生も「好きだ」と言っていたので、「やっぱり皆に好かれる歌なんだ。」と納得したことがあります。

生涯一曲でも好きな歌があると、幸せだと思います。いや、一曲だけではありませんけどね。

平浩二さんに「ありがとう!」と感謝したい気持ちです。

これからも歌い続けて欲しいです~♪