ウ・ヨンウ弁護士は天才肌の9話のあらすじとキャストについて!

Netflixで配信されている韓流ドラマの「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」。

韓流の沼にはまっているチヨコですが、このドラマもまた面白い!と思ったので、第1話から順次内容などをご紹介しております。

今回は、第9話のキャストとあらすじ等について、ご紹介しますネ。

ウ・ヨンウ弁護士は天才肌の9話のキャストについて!

第9話の主要キャストは次のとおりです。

ウ・ヨンウ(主人公)⇒パク・ウンビン

イ・ジュノ(法律事務所ハンバダ訟務チーム職員)⇒カン・テオ

チョン・ミョンシク(法律事務所ハンバダシニア弁護士)⇒カン・ギヨン

ウ・グァンホ(ヨンウの父・ソウル大学法学部卒)⇒チョン・ベス

クォン・ミヌ(法律事務所ハンバダ弁護士、腹黒策士)⇒チュ・ジュンヒョク

チェ・スヨン(法律事務所ハンバダ新人弁護士)⇒ハ・ユンギョン

トン・グラミ(ヨンウの友人)⇒チュ・ヒョニョン

キム・ミンシク(グラミが働く店の店主)⇒イム・ソンジェ
パン・グボン(おならプー)⇒ク・ギョファン

ムジン学院塾長(パン・グボンの母)⇒チュ・グィジョン

ムジン学院塾送迎バスの運転手⇒イ・ジュンヨル

裁判長⇒ホン・ソクビン

ムジン学院の生徒(男の子)⇒チョン・シユル

ムジン学院の生徒(女の子)⇒ソン・ジウ

テ・スミ(法律事務所テサン弁護士)⇒チン・ギョン

 

●ウ・ヨンウ役のパク・ウンビンさんの出演作品>>パク・ウンビンの出演作品はこちら>>

●イ・ジュノ役のカン・テオさんの出演作品>>カン・テオの出演作品はこちら>>

●チョン・ミョンシク役のカン・ギヨンさんの出演作品はこちら>>カン・ギヨン

ウ・ヨンウ弁護士は天才肌9話の見どころ

塾の送迎バスごとジャックされ、犯人は塾長の息子。

裁判は息子に心身に支障があるからという方向で減刑を求める方向で進んでいた。しかし、犯人は自分にとって有利な弁明にもことごとく反対する。

犯人の意志を知ったヨンウは、犯人は精神に支障があるから誘拐したのでなく、思想の上で、誘拐したことを主張する。だがそれは、減刑にはつながらないものだった。

 

最後にとうとう、思いつめたジュノからの告白が!?

ウ・ヨンウ弁護士は天才肌の9話のあらすじについて!

パン・グボンは、ムジン学院塾長の息子でソウル大学を出た3人の息子のうちの一人。母である塾長は、息子3人をソウル大学に入れたことで名を売り、進学塾を経営していた。

グボンは、子どもは今は遊ばなければならないという考えのもと、勉強に苦しむ子どもたちを遊ばせるため、塾生の送迎バスごと誘拐して、山で数時間一緒に遊ぶ。

このことで、子どもたちを誘拐した罪に問われた。

ハンバダは塾長から息子の減刑を依頼される。

ウ・ヨンウ弁護士は天才肌の9話のみんなの感想

ヨンウはとうにジュノに告白しているのに、ジュノからは返事がない、という状況が、9話の最後に一挙に解消されます。

やはりそのことに言及しているコメントがありました。

まとめ

↑ ↑ジュノの後は、しばらくお会いできない、ということでしょうか。

9話では、ハンバダの弁護士たちが、子どもたちを送迎バスで裁判所に連れていく場面が印象的でしたね。子どもたちが期待しているから、自己紹介は、「おならプー」さんと同レベルにしなければならず、それぞれの弁護士たちの名乗り方が可笑しかったですね。

ハンバダのチームワークの良さにも、憧れましたヨ。

一方、腹黒策士のミヌは、シニア弁護士のミョンシクに、「裁判で勝手なことをしたヨンウには罰を与えないのか。」と詰め寄った際、「君は罰則が好きだね。仕事中に意見が合わず問題が生じたら、話し合って解決すべきではないのか。いちいち賞や罰を与えるのは私のやり方ではない。」と彼が諭したことも、ミョンシクの憧れの上司度は上がりましたヨ。

 

さて、この番組で、ジュノを演じるカン・テオさんの人気もうなぎのぼりです。↓ ↓

カン・テオの出演作品はこちら>>

U-NEXT

パク・ウンビンさん、演技派女優としてこれまでも多数の主演をされています。パク・ウンビンさんの作品はこちらで鑑賞できます。↓ ↓

パク・ウンビンの出演作品はこちら>>

U-NEXT

31日間月額料金無料で視聴できます!登録だけでなく解約も簡単!

>>U-NEXTの登録と解約方法の画像付き解説!

>>U-NEXTの1 ヶ月無料の解約は超簡単!お得で損しない利用方法を伝授!

>>U-NEXTでのNHKオンデマンドの利用方法や退会方法、注意点などについて

ではまた!