大病院占拠の1話のキャストやあらすじは?視聴率や感想も!

2023年1月14日(土)22:00からスタートのドラマ「大病院占拠」。

櫻井翔さんが主演です。

ここでは、刑事ものが大好きな私が、「大病院占拠」の1話から最終回まで、予習復習のためにあらすじや見どころを記録してまいります。

今回は、第1話です。

↓ ↓ 主題歌「W」も予約受付中! ↓ ↓

大病院占拠の1話の主要キャスト

【主なキャスト】

 

・武蔵三郎(神奈川県警捜査一課強行犯係の刑事)⇒櫻井翔>>櫻井翔の出演作品を観る

・武蔵裕子(三郎の妻:界星堂病院に勤務する腕のある心臓外科医)⇒比嘉愛未>>比嘉愛未の出演作品を観る

・和泉さくら(神奈川県警刑事部捜査一課特殊班(SIS)の管理官)⇒ソニン

・相模俊介(神奈川県警刑事部捜査一課特殊班(SIS)の捜査員役)⇒白洲迅>>白洲迅の出演作品を観る

・駿河紗季(神奈川県警捜査支援分析センター(KSBC)の情報分析官)⇒宮本茉由>>宮本茉由の出演作品を観る

・志摩蓮司(KSBCの情報分析官)⇒ぐんぴぃ

・平山浩行(神奈川県県警警備部の管理官)⇒丹波一樹

・備前武(神奈川県警本部長)⇒渡部篤郎>>渡部篤郎の出演作品を観る

・播磨貞治(界星堂病院院長)⇒津田寛治

・若狭昇(界星堂病院外科医)⇒稲葉友

・佐渡稔(界星堂病院外科部長)⇒阪田マサノブ

・土佐大輔(界星堂病院内科医)⇒笠原秀幸

・長門道江(神奈川県知事)⇒筒井真理子

大病院占拠の1話の見どころ

鬼集団が病院に入り込み、機関銃を天井に向かって発砲しながら、各階を次々と占拠していく場面。

その間、念仏を唱えるような音がバックにずっと流れ、「鬼が来た」という切迫感と恐怖感が際立ちます。

大病院占拠の1話の視聴率

7.2%

大病院占拠の1話のあらすじやネタバレ

神奈川県警の元エースの武蔵三郎は、自分が関わった事件で犯人を死なせてしまったことで自分を責め、家庭内では荒れてしまった。今は休職して心療内科に通い、妻子とも別居している。

病院での診察の日、鬼の面をかぶった集団に病院が占拠される。

その日は、県知事も視察に訪れていた。

武蔵の妻裕子は、その病院に勤める心臓外科医。妻も人質となる中、武蔵は隠れることができ、現場の様子を県警本部管理官の和泉さくらに無線で報告し始める。

やがて患者は解放されたが、心療内科医は射殺され・・・・。

武蔵は、和泉の「患者の解放に紛れて病院から出るように」との指示を無視し、病院内に居残ったが、とうとう鬼に気づかれてしまう。

 

大病院占拠の1話を観た感想

・目を離す事の出来ない怒涛の展開で、ハラハラドキドキ最高に面白かったです

・2話が今から気になって仕方がありません

・家族でドキドキ考察しながら すごく面白かったです

・青鬼は風磨くんですか?

・男くさい翔くんがカッコいい!

・鬼は、田中哲二さんと森田甘路さんかな?

・臨場感溢れるスピード感のある展開に息をするのも忘れてしまくらい惹き込まれた。

・ハラハラドキドキしてめちゃくちゃ面白かった。

感想としては、「ハラハラドキドキした」「面白かった」「スピード感があった」という内容のコメントが多かったです。

大病院占拠の2話の予告

まとめ

「大病院占拠」の第1話は、スピード感があり、次から次へと展開するので、飽きませんでしたね。時間が経つのが早いと感じたくらいです。

また、鬼はいったい誰なんだろう、と早くも鬼の正体について推測が始まっていますね。

今のところ予測は、田中哲二さん、森田甘路さん、菊池風磨くん、浅川梨奈さんの名が挙がっています。どうなのでしょう。

県警本部の女管理官のソニンさんも、よく通る舞台仕込みの声が、ホントにテンポ良くて合っていましたネ。

次回も楽しみですネ!

【メルマガ会員(無料)募集中】

「チヨコ・デリシャスのおいしいニュース」では、更新情報をメインとしたメルマガの発行を予定しています。登録・解除ともに無料ですので、ご希望の方は下記フォームからお申込みください。↓ ↓

メルマガ登録フォーム