六本木クラスの早乙女太一はどんな役?梨泰院クラスのアン・ボヒョンと比較してみた!

2022年7月木曜日夜9時から放送される「六本木クラス」。

「梨泰院クラス」が人気だったので、話題が沸騰していますね。特に、リメイクですと、配役が誰なのかということが気になります。

このほど、主人公の復讐劇の発端となったチャン・グンウォン(日本版:長屋龍河)役を早乙女太一さんがやられるのという情報がありましたので、どういう役なのか、また、梨泰院クラスでグンウォンを演じたアン・ボヒョンとの比較などについて、探ってみました!

六本木クラスで早乙女太一はどんな役?

漫画「六本木クラス」では、金城龍河(ドラマでは長屋龍河)は主人公の宮部新が長屋ホールディングスに復讐を誓う原因となった、長屋ホールディングスのどうしようもないクズ御曹司です。

「弱肉強食」という言葉が好きな会長である父親の元で、ゆがんだ育てられ方をします。

高校時代はクラスメイトをいじめたり、新の父親をバイクでひいて死亡させてしまったり。

やがて父親の跡を継ぐべく会社の上役になりますが、本人が一生懸命何かをやろうとしても、失敗ばかりで他の役員からもまったく信頼されない立場。自暴自棄がちでちょっと可哀そうな人でもあるのです。

そんな龍河は、クライマックスではとんでもない行動を起こします。

ドラマ「梨泰院クラス」では、そんなダメ息子で思いっきり視聴者から恨まれるグンウォンという悪役を、本来イケメンで優しいアン・ボヒョンが見事に演じきりました。

 

そんなダメ息子を早乙女太一さんが演じる場合の口コミをSNSから拾ってみました。

最近では、ドラマ「ミステリと言う勿れ」では、早乙女太一さんのシーンでは、チヨコはずっとゾクゾクし続けていました。

今回は、ただのダメ息子の悪役ということだけでなく、父親や周囲になかなか認められないという寂しさも出して欲しいと期待します。

六本木クラスの早乙女太一と梨泰院クラスのアン・ボヒョンとを比較してみた!

アン・ボヒョンさん

「梨泰院クラス」でのアン・ボヒョンさんは、このドラマの怪演で大ブレークしました。

ご本人は、役と違って、いたって好青年のため、そのギャップで人気に拍車をかけています。いじめたパク・セロイ役のパク・ソジュンさんとは、プライベートでも仲が良いようです。

元ボクサーでモデルを経て俳優になっています。

【アン・ボヒョンさんのプロフィール】

 

氏名:アン・ボヒョン

生年月日:1988年5月16日

出身:釜山市

血液型:A型

身長:187cm

学歴:大慶大学校モデル学科卒

趣味:キャンプ

事務所:FNエンターティンメント

話題の作品をU-NEXTで31日間無料で視聴できる!

>>アン・ボヒョンの他の作品も観てみる!

【U-NEXTでアン・ボヒョンを見放題配信】

2017年:水曜日午後3時30分

2018年:デッドエンドの思い出

2019年:彼女の私生活

2020年:カイロス

\U-NEXTで31日間無料で視聴する!/

チヨコ・デリ

「梨泰院クラス」を観ていた間は、「なんてクズで酷い男なんだろう、街で会ったら石投げてやる!」くらいの気持ちでいましたが(実際投げませんが)、本人はいたって好青年というところのギャップがステキですヨね💛

早乙女太一さん

【早乙女太一さんのプロフィール】

 

氏名:早乙女太一(さおとめ たいち)

本名:西村太一

生年月日:1999年9月24日

出身:北九州市

血液型:B型

身長:174cm

事務所:LDH JAPAN

早乙女太一さんは、「葵劇団」の劇団員の両親のもとに生まれ、4歳の時に初舞台をふみます。

劇団朱雀の舞台はほとんど出演する他、2003年に北野武監督の「座頭市」にも出演。以降、数々のドラマや映画に出演されています。

【主な出演作品】

(映画)

2003年:座頭市

2013年:少年H

2014年:クローズEXOLODE

2016年:HiGH&LOW THE MOVIE

2017年:たたら侍

2021年:虎狼の血LEVEL2

(ドラマ)

2007年:大河「風林火山」

2014年:信長協奏曲

2018年:忘却のサチコ

2021年:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」

2022年:封刃師

早乙女太一さんとアン・ボヒョンさんとの演技力の違いというのは、ないのではないかと思います。

アン・ボヒョンさんは、体が大きく、いかにも鍛えてあるという外見をしており、言動はまるで大きな赤ん坊のようでした。健康そうな肉体なのに、頭がちょっと残念、という印象でした。

一方、早乙女太一さんは、身長は低くはないですが、外見はアン・ボヒョンさんに比べると大きな赤ん坊には見えないだろうと思われます。

なので、太一さんは太一さん独自で、大いに憎まれてやまないけど、どこか寂しい悪役を演じてもらいたいな、と思いました。

どんなグンウォンになるのか、楽しみにしたいと思います。

>>「六本木クラス」キャストでイソ役の平手友梨奈とキム・ダミと比較してみた!

>>六本木クラスのキャストのスア役(楠木優香)に新木優子のイメージはピッタリ?ヒロインはどんな役?

>>六本木クラスのキャストの会長役は香川照之に決定!?でも土下座がフィットし過ぎて期待半減?

>>「六本木クラス」キャスト予想でグンス役の鈴鹿央士とキム・ドンヒを比較してみた!

>>六本木クラスの原作結末に土下座や下剋上はある?主人公はヒロイン2人のうち誰を選ぶのか?

まとめ

ドラマ「六本木クラス」で龍河役(グンウォン)はどういった役なのか、「梨泰院クラス」で演じたアン・ボヒョンさんや今度の早乙女太一さんはどのような人でどのような違いがあるのか等について、書かせていただきました。

韓国ドラマ「梨泰院クラス」は面白かったですね。日本版「六本木クラス」にも期待しましょう。

 

日本の六本木はすぐに行けますが、韓国の梨泰院もオススメですヨ。

チヨコは、革のスーツを買って、カフェバーでチャミスル飲んで帰ってきました。

コロナが落ち着いて旅行がOKになったら(その前にビザもフリーしてほしいけど)・・・韓国旅行に行きませんか?>>>>韓国ソウルの梨泰院に旅行に出かけよう!