梨泰院クラスでテテのうた声は何話で聞ける?楽曲提供の経緯や理由について!

韓国で大ヒットし、日本でも人気を博したドラマ「梨泰院クラス」。

作品中流れる音楽もステキでした。

今回は、BTSのテテも楽曲を提供しているのですが、それは第何話なのか、楽曲提供の経緯などについて焦点をあててみましたヨ!

>>コロナ後は韓国ソウルの梨泰院に旅行に出かけよう!

梨泰院クラスでテテのうた声は何話で聞ける?

BTS(防弾少年団) Vがドラマ「梨泰院クラス」で劇中歌『Sweet Night』を歌っているのは、13話と16話最後のエピローグシーンです。

13話では、ヒョニが料理大会で優勝してイソが帰ってきた夜、セロイと会った場面で流れます。

16話では、セロイとイソが水辺に座ってデートしている幸せそうなラスト場面で流れます。

梨泰院クラスでテテの楽曲提供の経緯や理由について!

BTS(防弾少年団) Vがドラマ「梨泰院クラス」で劇中歌『Sweet Night』を提供したのは、セロイこと主役のパク・ソジュンと仲良しだから。

テテは、自らプロデュースと作詞、作曲、歌唱に参加し、セロイが苦しく辛い夜ばかりを過ごしてきたため、甘い夜に変えたいという思いをくんで、『Sweet Night』を作りました。

劇中、このせつなさと甘美さが入り混じった、語りかけるようなメロディが流れることによって、13話では、セロイの気持ちだけでなくイソの切ない気持ちにも寄り沿います。

16話では、二人の幸せそうなラスト場面で流れます。「苦い夜」が「甘い夜」に変わったのです。

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

raito(@345hbl)がシェアした投稿

BTS(防弾少年団)Vが提供した楽曲は何話で聞けるのかということと、楽曲提供の経緯・理由について書かせていただきました。

テテはこんな風に言ってます。

以前本作品を漫画で楽しく見た。 特にパク・セロイというキャラクターが印象深かったが、慕っている友達(パク・ソジュン)がパク・セロイ役を演じることになりとても嬉しい。 このような素敵なドラマに自作楽曲で参加でき感謝している。 多くの人に聴いてもらいたい

Vインタビュー

歌だけでなく物語も素晴らしいので、ぜひVODでもご覧ください。

※「梨泰院クラス」を観れるのは、Netflixだけなのでご注意ください。

>>Netflixはこちら